スポンサーリンク
新着記事

最高のセフレがいた時のエッチ体験談【セックス体験】

いつものように空き時間を駆使して婚外恋愛示板で女漁り。

プロフィールに身長が148cmでB85W55H84となかなか俺好みで、顔も化粧っぽいとこはありましたがそこそこな感じの娘がいたました。

乳を強調していたり下乳を出している写真はそそりました。彼女のサイト内にあるブログにさっそくコメや足あとを残し、少しずつ距離を縮めていきました。

ブログにコメ、挨拶程度の軽い会話をして、ひと月しないくらいで思い切ってアドレスを聞いたら教えてくれました。無料でアドゲット成功です。

そこからは食事に誘い、軽くデート。デートでサイトのプロフで呼ばれるのは違和感があるらしく、名前を教えて貰い下の名前で呼んでと言われました。

花音とは年が一回り以上離れていたので最初は敬語でしたが、俺が気にしなくて良いよというとコ仕事の悩みなどを少しずつ話してくれました。いきなり下ネタをいうと逃げられる可能性があるのでそこは、メールなどでちょっとずつイタズラ程度に聞いたりしてました。

内容は年上が好きとか、初体験はいつだとか。ここまで引き出せば次の2回目でエッチは余裕だと確信してました。

おまけに年上好きだったので…そして2回目のデートで食事もそこそこにホテルに誘ったら、少し悩む素振りは見せましたがOKでした。嫁いるし付き合うつもりなど更々なかったので、告白もなにもしていないのに…ちょろいな思いながらホテルへ、出来るだけがっつかない様テレビを見ながらイチャイチャしてました。

ディープキスをするだけで愛液でマンコがびっしょりで、脱がすと恥ずかしそうに「俺ちょっと毛が濃いから恥ずかしいな」とか…乳首はあまり感じなかったのは残念でしたがDカップで乳輪、乳首はキレイなピンクでした。

ディープキスをしながらマンコを触ってると腰をクネクネさせかなり感じていたので一気に手マン

「アアァン、ダメェェエ~」「じゃあ、辞めるね」と言って焦らす「んん、続けてお願い」仕方ないのでゆっくり動かして徐々にスピードアップすると、潮吹いちゃってベッドに水たまりが…

もう花音は完全にエロモードで食事してた頃とは別人。早く入れてと言わんばかりに俺のチンコを舐めてきて、あまりの激しさに口内発射。

「あっ…ごめんね」「大丈夫!全部飲んじゃった」今まで色んな女を釣ってきたが会ってひと月、初エッチでごっくんとかどんだけ彼氏たちに調教されてきたんだよ。そして事前に頼んでいたメイド服に着替え少し嬉しそうにしている花音。メイド喫茶で働いてみたかったらしい。

「じゃあ、ご主人様の言う事を聞いて貰おうか」と持ってきたバイブを渡す。
「何ですかこれは?」
「早く自分でしろ」
「えっ、はい」とびしょびしょのマンコにバイブを入れていく。
「早く電源入れて動せ!」
「わかりました…」カチッ

「ダメダメェェエ、イッチャウ~」
「もう、イったのか?」
「うぅ…はい」涙目で可愛い。

こいつは間違いなく生粋のど変態であると確信した。必死に耐えるがまたイク花音。いい加減挿れたくなってきたので、言わせる。

「ご主人様のオチンチンを花音のマンコに挿れて下さい」「仕方ないな、ほらよっと」「ンァアア~、キモチイイー」それから花音とは最初の頃は結構ヤってたんだけど勤め先が変わって、なかなか合う時間がなくなって自然消滅、そして気付いた時には番号を変えてしまって連絡がつかないようになってしまいました。

今考えると少し惜しかった。とにかく一緒にホテルに行く毎にどんどん大胆になり最高のセフレでした。