新着記事

逆ナンしてきたエロ女の弱点は耳とアナルw【エロ体験】

ツレと酔っ払って近くのゲーセンとボーリングとカラオケがある、大きいアミューズメントパークに行ったんです。

すると当時流行っていたダンスダンスレボリューションにめちゃウマいけどめちゃキモい動きをする奴がいて、その後ろに人だかりができてました。

俺達も爆笑しながら見てると、すぐ横にいた女が話し掛けてきました。

外人みたいな端正な顔で、甘い香水の匂いがする綺麗系、逆ナンなんて生まれて初めてだったので面白くて色々しゃべってました。

しばらくしゃべった時、その女が「あいつの横に行って踊ってきたらほっぺにキスしてあげる」と囁いてきたので、俺は酒の勢いも手伝って、普段なら絶対やらないのにそいつの横の2P側に上り、めちゃくちゃな動きで踊り狂いました。

女達は爆笑で、真剣にプレイしていたそいつはかなり引いていました。

ひとしきり踊った後に台を降りると、女からほっぺにキスされました。

外人ぽい容姿のとおり、やわらかくて包み込むようなエロいキスでした。

俺のツレと女のツレにお互い止められましたが、意気投合してしまった俺達はそのままフェードアウトして俺の家で飲む事に。

そこでまた俺は女に条件を出され、コンビニで売ってたアーリータイムズの一瓶をストレートで一気したらやらせてあげるとか言われて飲み、気づいた時には見事ダウンしてました。

女もさすがにやりすぎたと思ったのか俺を介抱してくれて、その日はそのまま別れたのですが、次の時にしらふでリベンジしました。

結局その女、なおみとは、たまに電話やメールをする仲になりました。

家も近く、車で十分ぐらいの距離だったので俺も色々と期待してました。

一月ほどたったある日、ツレの家で遊んでいると、なおみから電話がかかってきました。

少し酔っているようで、息が荒く甘ったるい話し方になっています。

時間は夜の12時を少しすぎた所でしょうか。

それまでにも少しH系の話をふってはぐらかされていたので、あまり期待せずに色々話してました。

すると、なおみの方からエロい話をふってくるではありませんか。

更に、「あたしすっごいエッチしたくなっちゃった」とか「セックスしたいんでしょ? ならそうはっきり言わないと駄目!」などと言い始め、俺は「変態じゃん」とかツレに馬鹿にされながらも「セックスしたい!」と叫び、その一時間後になおみの家の近くで会う事になりました。

会うまでの経緯は長くなるので割愛しますが、結局約束の時間より二時間ほど遅い朝4時ごろ、なおみを車に乗せる事に成功しました。

ラッキーな事になおみの家のすぐ近くにけっこう綺麗で大きなホテルがあったのですぐに入ります。

ドライブ時間5分というところでしょうか。

ホテルに入った俺達はまたカクテル等を軽くあおりながら話し、先になおみがシャワーを浴びる事になりました。

外人のようなという形容がぴったりのはちきれんばかりの体です。

出る所は出て、しまる所はしまるという感じ。

年は26だったそうなんですが、肌もぷりぷりに張っていてすべすべでした。

身長は160ちょうどぐらいなので、俺の胸のところになおみの頭がくる感じだったのを記憶しています。

なおみに続いて俺がシャワーを浴びて出てくると、なおみはホテルにあったガウンをはおってベッドに寝転んでいました。

眠そうにぽーっとしていたので横からそっとベッドに入り、なおみのほっぺにキスをしました。

「んん…」なおみから吐息がもれ、起きているらしい事とエッチモードに突入した事がわかりました。

横向きに寝ているなおみの後ろから抱き付くような感じで俺はキスをし続け、耳や背中を責めました。

耳たぶを軽くかんだ瞬間なおみの体がびくっと震え、「ダメ…耳は弱いから……」といつもの強気ななおみからは想像もつかないようなかわいい声を出しました。

俺は嬉しくなってさらに85ぐらいの少し大きな胸を左手でもみ、人差し指で乳首を擦りました。

乳首の色は奇麗なピンクで、乳輪もほどほどのサイズ。

なおみはとても美乳でした。

背中越しになおみを乗り越え、体重をかけないように気を付けながら乳首を舐め、吸い、舌でころがしてやります。

そこまできて、興奮しすぎでなおみと口でのキスをしていない事に気づきました。

さっそく体を上にずらし、キスをしてみるとその少し厚めの唇は極上のマシュマロみたいに柔らかく、熱くなっていました。

容姿がそうだからなのか、映画で見るキスシーンのように情熱的なキス。

積極的に舌をからませ、お互いの唾液を交換する俺達。

10分ほど熱いキスを楽しんだ後、俺の手はなおみの下腹部を目指して進軍を開始しました。

すべすべのお腹を過ぎ、やわらかくて少し薄い手入れされた陰毛のゾーンを抜けてとうとうマ○コに指が突入しました。

もうめちゃくちゃに濡れていて、するっと指が二本入ってしまうぐらいとろとろで、俺は興奮して頭が真っ白になってしまいました。

俺はそれまで腰にをまいていただけの状態だったのですが、おもむろに取り去ると、なおみの肩に手をかけて真上を向かせました。

涙目になってハアハア言っているなおみの顔を見ながらマ○コに俺のチ○ポをあてがい、生で一気に挿入しました。

なんというか、若い女とは締まり方の質が違いました。

熱くぬめっていて、中でキュウキュウと動く感じ。

なおみを抱えて俺は必死で腰を動かしました。

遅漏なのでなかなかイかず、その後はバックや松葉崩し、騎乗位などで突きまくりました。

そのたびに「ああっあっあっ キミすっごいうまいね」「もうダメ~」「んぅっ…」等かなり大きな声でよがります。

かなり気持ちよくなってきたので「もうイキそう。中で出していい?」と聞くと、「中で出したいの?」と聞いてきたので、「出したい!」と叫び、中出し。

一度出して冷静になって考えてみると、かなりの勢いでこいつって知らない女なんだよな…とか思ってしまって、そこでまた勃起してきました。

まだなおみの愛液と俺の精液でべちょべちょのチ○ポを、ベッドに突っ伏して肩で息をしているなおみの顔の前に差し出すと、何も言わずに咥えてきます。

キスの時同様、熱くて絡み付くようないやらしいフェラチオを堪能した後は何度も体位を変えながら何度も何度も突きまくりました。

二度目の射精は口に。

なおみはすごくいやらしく口から精液をたらして見せてきました。

結局、ホテルを出る頃にはお互い服を脱いでから3時間が経過していていました。

その後はもう一度だけしたんですが、暗闇の中で俺が入れ間違えてアナルに入れそうになり、なおみがすごく痛がったので中断。

それ以降連絡がとれなくなりました。