スポンサーリンク
新着記事

妻をもっと露出させ、できれば他人に犯していただきたい・・【セックス体験談】

先日の妻と、外出先に呼び出した時の事をの、お聞かせします。

私(48歳)妻(36歳)になります、

妻は身長162で、

上から89・60・80と意外とスレンダーぎみです

顔立ちも、どちらかと言いますと

細身の男好きするタイプだと思います、

昨年から今年の夏のためにジムに通いはや1年半

かなり、いい感じに仕上がって来てます、

こうさせたきっかけは、

マンネリ化したSEXから脱皮したいと思う私の気持ちに

妻が答えてくれているのだと、ある意味感謝です、

妻も女盛りのわりには、

私は仕事ばかり下着から、あそこの毛(パイパン)まで私の注文どうりに、

朝は尺八からオマンコを寝ている私の顔にこすりつけ、

のけぞる妻、自宅での露出度は最高なんですが・・・

そんなマンネリ化の生活にあきて来た私は、

ネットで見るの外で露出を、妻(幸美)の計画露出をやって見たくて、

他人に幸美の体を、見られている時を考えると、

やるしかないと言った気持ちがフツフツとこみ上げてきました。

仕事の関係上、休みも不規則で、

国内外と出張も多く数ヶ月に一回の休みと言った日々で、

昨日は久ぶりの連休、

この機会しかないと、季節も夏、

連日猛暑でちょうどいいかも?

朝何時もどうりに自宅をでて、

数時間後に幸美に電話をかける。

打ち合わせの時間が予定より早く終わりそうなので、

外でお昼を食べないかと?

(幸美かなり喜ぶ)

場所と服装をつたえる服装は、前々からきめていた、

上はボディーラインがでるカットソーで、

胸元までかなりきわどく切れ込み、

おまけに背中はそれ以上のカットで、

ブラジャーなんかはつけよがないので、

とりあえずは、ヌーブラでと伝えたものの、

いきなりノーブラとは言えず・・・

次は、下の服装、下着は今朝のままだとレースの黒の透けた、

紐のパンツその上にこれも前から決めていたインド綿に

ロングのスカートと書くと・・・

なんだと思われるかもしれませんが?

意外とこのスカート・インド綿とくるとただの布でかなり薄い、

腰に巻くだけなんでスリットがいがいと腰ぐらいまで簡単についてしまう、

おまけに明るい所で透ける歩くだびに、太ももがあらわになります、

上下とも露出度は計画どうりなんですが、

いかに妻にこの服装で一人で徒歩・電車でこさせるかが?問題だったのですが、

そこで上着ていどに黒の荒めの

メッシュのカーデガンみたいなのを着てくる様にと伝えましたが、

これが薄いわりにこんな猛暑だと暑い暑いで、

これも計画どうり・・

幸美も久ぶりの外での食事で時間もないので、

あわてているらしく私が言った服装の件もあっさりOKみたいで、

待ち合わせの場所を伝え、

待つ事1時間駅前のオフィース街の公園の階段の上、

人どうりはかなり多く、

ビジネスマンの待ち合わせの人も多い、

私としては、今回最初の妻、

幸美の露出の会場です

携帯にメール、着いたよ!と書かれてます、

こちらも、もうすぐ着くから公園の階段の上で待つように伝えます。

となりの階段から、幸美を確認、服装も変更ない・・・

次の瞬間、予想外にスカートが透けているでわないですか?

腰のラインから太もものつけねまで、

おまけに黒のパンツがまたエロイ、

まわりのサラリーマンもじょじょに気がつきだしたみたいで、

本人はかなり急いで来たのか?

そんな事には気もつかず、

あまりにみんなが、妻の下半身に目をやっている光景をみながら

私も興奮してくる気持ちをおさえ、

前にまわり階段の下から、幸美に手を振る、

きずいた幸美は小走りに階段をおりてくる、

一段一段おりるたびに、

巻いてあるスカートから太ももが露出、

まわりの目がいっそうそそがれる。

私「ごめん、またして意外と早くついたね!暑かった?」

幸美「少しまっただけだよ、でも今日は、暑すぎ! ほら・・・」

私「幸美の胸元が汗ばんでいる?あれブラは?つけてないの??ビックリ!」

幸美「着けようとはしたのよ、この服胸元が開きすぎで、変にヌーブラが見えてもおかしいでしょう!わたしジム行ってるせいか、オッパイまだたれてないし(笑」

内心思わず、妻の胸元を見てVの字のカットからオッパイが半分以上露出し、

歩く振動で乳リンがちらちらと見える

そんな話をしながら、レストランに到着、

ここでの計画は、意外と平日のビジオネス街のランチは男が多い、

そんな店に妻が入ると以外と目に止まるようだ、

さて第二ラウンド、

この店のランチは、バイキングである!

私は、幸美にその上着暑そうだから、脱げば?と言ってみる

幸美 「この上着の趣味はNGよ!」

と笑いながら脱いでしまう、

用意はOK、おまけに幸美から進んでノーブラで来るとはラッキーだ!

この店の、バイキングは真ん中近くに料理が置けれ、

そこを見下ろす様な形でテーブルがあります。

私の計画だと、幸美が料理を取るだびに、オッパイはもろだし、

料理をテーブルに運んで来る途中の階段は、

下から上にライトアップされています、

私は、丁度全体が見渡せる様なテーブルに着きました、

幸美に先に行っておきでと、送り出す、

私は、妻の姿を、書類を見てるふりをしながら目でおいます、

思った通りの結果です、

幸美が料理をお皿にのせるだびに、

幸美のオッパイが、カットソーから今にも飛び出てきそうで、

回りのサラリーマンの気がつきだした様で、

幸美の前に回りこんでくる、

幸美もそろそろ胸元が見られているのに気がついているはず、

皿を持って階段を上がって来る、

さきほどの外よりエロイ!

幸美「あなた?わたしこの服のせいか?回りの人から見られている?ねー聞いてる?」

私「今日の幸美は、最高!に綺麗(エロイ)だからみんな見てくるんだよ(笑」

意外と単純である

妻はさほど見られる事を気にしてないのか?

前に座った妻のスカートをテーブルの下から引っ張る、

スカートは左右に開いて太ももは大胆に露出して見える、

妻のオッパイを見ながら食事をすませ、

コーヒーを飲みながら妻に思い切って言ってみる

「幸美お願いが・・・」

幸美「微笑ながら、なんでもどおぞ」と甘い声

私「ここで、パンツを脱いで・・・」

幸美「こあなた、本気?なに言ってるの帰ってから!(笑」

私「こ今がいいんだよ、今日は、紐パンだったよね!命令だよ幸美」

腰のとこらへんで、ごそごそしている、

なかなか紐がはずれない様だ、

腰を少しあげ右手の中に黒いレースを私に渡してくる・・・

幸美「こもう脱ぐのないからね!」

と一言

今回、露出計画して私としては、

ある意味満足感あいます、

でも終わってしまえば・・・

次の計画で悩みだします

妻(幸美)をもっと露出させ、

できれば他人に犯していただきたい、

もう少し時間がかかりますが・・・

でわ また




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする