新着記事

22歳の時、アナルをレイプされ感じてしまったエッチ【セックス体験談】

あれは私が22歳の夏。

梅雨が明けたばかりの、うだるように蒸し暑い夜だった。

バイト先からの帰り道。

その日はちょっと残業になって12時を回っていた。

とはいえ家までは徒歩で15分ほどだし、ずっと大通りでコンビニも並んでいるので、それまでも終バスを逃した日は歩いて帰っていた。

もちろん夜中に女が一人で歩いていたら、車から声をかけられることもあったけど、無視していればすぐに走り去ってしまうので、わずらわしさはあっても、怖いと感じることはなかった。

だからその夜「どこまで行くの?」と声をかけられたときも、またかと思っただけで、車のほうを振り返りもせずに歩き続けた。

なのにその車は走り去るどころか、行く手を塞ぐように歩道に乗り上げてきた。

私はビックリしてその時初めて車に目をやった。

茶髪やら刈り上げの、いかにも軽そうな男達が3人、車の中から私を見ている。

「遠慮しなくていいんだぜ。送ってやるから乗ってけよ」

その強引さと3人の雰囲気に恐怖と嫌悪感を覚えた私は、車道に出て車の後ろを回り込み、行く手のコンビニ目指して一目散に駆け出した。

後ろを振り返る勇気はなかった。

店内に飛び込んで陳列ケースの陰に身を潜めた。

こんなことがなければ、とうに家に着いていたのにと思うと腹が立ってくる。

10分以上もそうしていて、もう大丈夫だろうと店の外に出た私は、行く手にさっきの車が止まっているのを見て、立ちすくんでしまった。

後から思えば、この時コンビニの店員に事情を話して警察を呼んでもらえばよかったのだ。

でもその時はあまりに大げさすぎるような気がし、といってもう一度車の横を通る勇気はなく、仕方なく私は数百メートルの距離だけどタクシーに乗って帰ることにして道路際に立った。

その時そんな私の前に、タクシーではなく普通の乗用車が止まった。

私は一瞬身構えた。

「すみません、○○駅にはどう行ったらいいんでしょう?」 緊張が一気に緩んだ。

道を教えた後、その人は「行き先が同じなら送りましょうか」と聞いてきた。

「でも・・」

「女性の一人歩きは危ないですよ。助手席が恥ずかしければ後ろにどうぞ。タクシーだと思って」

さっきの3人と違って、きちんと背広を着込んだまじめそうな人だった。

地獄に仏とはこのことかという思いで、私は後部座席のドアを開けた。

車は走り出し、3人の乗った車の横を何事もなく走り過ぎた。

助かった・・そう思った途端、全身から力が抜けた。

歩きと違って、車は早い。

あっという間に家の前まできた。

私は慌てて「ありがとうございました、ここでいいです」と言った。

けれど車は止まってくれない。

聞こえなかったのかと思い、私はもう一度声を張り上げた。

「ちょっと、待って。確かこの辺・・、ああいたいた」

その人は意味不明の言葉をつぶやきながら、車を路肩に停めた。

同時に車のドアが開き、両側から人が乗り込んできた。

一瞬何が起こったのかわからなかった。

その時助手席にも誰かが乗ってきた。

その横顔には見覚えがあった。

さっき声をかけてきた3人のうちの一人だ。

全身の血が音をたてて凍りつく。

私はやっとの思いで左右に目をやった。

刈り上げて耳にじゃらじゃらとピアスをつけた男と、茶髪の男。

「ひどいじゃないか。俺たちは無視したくせに、こいつの車ならあっさりと乗るのかよ」

刈り上げの男が耳元で囁いた。

私と4人の男を詰め込んで、車は再び走り出す。

そう、二台の車は最初からグルだったのだ。

一台が脅して、一台が助ける。

私はその企みにまんまと引っかかってしまった・・私を挟み込むように座った二人が、ブラウスのボタンを外し、スカートの中に手を差し入れてくる。

「いや・・」渾身の力を込めて叫んだつもりだった。

なのにどうしたことか、自分の耳にも届かないほどのかすれ声しか出ない。

ブラがたくし上げられ、むき出しになった乳房に刈り上げの男がむしゃぶりついてくる。

茶髪の男はパンティの上から、あそこを撫で回している。

おぞましさの余り鳥肌が立った。

なのに声ばかりか体にも力が入らず、跳ね除けたくても腕が動かない。

恐怖、絶望、悪寒、後悔、そして諦め・・乳首を舐めまわされるに任せたまま、私は車の外に目をやった。

見慣れない風景が窓の外を走っている。

(これからどうなるんだろう・・どこに連れて行かれるんだろう。どうして、こんなことになっちゃったの・・?)

その時、車が急に左に曲がり、どこかの建物の中に入った。

壁も天井も打ちっぱなしのコンクリート。

4人に羽交い絞めにされるように車の外に引きずり出されると、目の前に鉄製のドア。

それを開けると、そこはもう部屋の中だった。

その頃の私はまだ知らなかった。

そんな風にフロントも通さず、車から直接部屋に入ることの出来るホテルがあるとは・・部屋に入るなり、私はベッドの上に押し倒された。

スカートを捲り上げられ、パンティに手がかかる。

「・・いやっ!」

頭では諦めていても、体のほうは正直で、少しでもその一瞬を遅らせたいと宙を蹴り身をよじって男達を跳ね除けようともがく。

でも8本の腕は、私の体に食い込んだままビクともしない。

男の力がこんなにも強いものだとは、それまで知らなかった。

下半身がむき出しになり、両膝に男の手がかかる。

私は必死になって膝頭に力を込めたけど、やっぱり無駄だった。

あっさりと太腿をこじ開けられ、刈り上げの男が腰を割り込ませてくる。

「いや!やめて、お願い!助けて!!」

プライドも意地もすべて投げ捨て、私は文字通り懇願した。

なのに男はそんな私をせせら笑うように、むき出しのアソコに熱い肉棒をこすり付けてくる。

悪寒がした。吐きそうになった。

しばらくそうやって襞の間をなぞった後、男は一気に腰を突き上げてきた。

息が詰まり、私は背中を弓なりに反らせて甲高い悲鳴を上げていた。

夢でも錯覚でもない。

どこの誰とも知れない男の肉棒でお腹の中をかき回されている・・ 急に体が重だるくなり、全身から力が抜けていった。

その変化は押さえつけていた腕を通して伝わったのだろう。

男達は私の体から手を離し、代わりにブラウスの隙間からはみ出ている乳房に手や舌を這わせてきた。

やがて刈り上げの男は深々と腰を突き入れると呻き声をあげた。

私にとっては「とどめ」だった。

中に出されてしまったのだ。

本当に穢されてしまったのだ。

刈り上げの男が体を離すと、すぐに茶髪の男が足許に回りこんできた。

激しく体を前後に揺さぶられ、また中に出され、息つく間もなく丸顔の男がのしかかってくる。

私はぼんやりと天井を見上げたまま、早く終わって欲しいとだけ思いながら、されるに任せていた。

快感がまったくなくても、出し入れされれば少しは濡れてくる。

先に出した男の精液があふれ出してもきてる。

でもこうも続けざまだととても追いつかず、3人目となるとあそこがヒリヒリとして熱を持ち、激しく突かれたせいか、お腹の奥も痛くなってくる。

(・・もう少しの辛抱・・、あと一人、それで終わるんだから・・)

私は念仏でも唱えるように、心の中でそれだけを繰り返していた。

4人目のスーツ姿だった男は、私の体をひっくり返すと、背後から押し入ってきた。

そして信じられないことに、さっきイッたばかりの茶髪の男が、私の髪の毛を掴むと、口にアレをあてがってきたのだ。

これで終わると思っていたのに、口に押し込まれたそれは硬く張り詰めていた。

スーツの男がのけ反って呻き声を上げる気配がした。

けれど、やはりそれで「終わり」にはならなかった。

口からアレを抜いて寝転がった茶髪の上に跨がされ、下から串刺しにされる。

誰かの手がお尻をつかみ、谷間に熱いものが押し当てられる。

まさかと思った次の瞬間、焼け付くような痛みが脳天まで突き抜けた。

「やめ・やめてっ、痛ッ、痛い・っ」

悲鳴をあげて無我夢中で腰を引こうとしたが、お尻と腰と肩と背中をがっしりと押さえ込まれていてどうすることもできない。

お尻をつかんだ手に力がこもり、太いものがゆっくりと小刻みにアナルにねじ込まれる。

「あ・っ、痛ッ・あ、あぁぁぁ」

気がつくと、男のお腹がぴったりとお尻にくっついていて、アレを根元まで埋め込まれたことがわかった。

「へっへ、二本とも呑み込みやがったぜ。どうだぁ?腹がはち切れそうなんじゃねえか?」

お腹の中はわからない。

でもアソコとお尻の穴が目一杯開ききっている感覚があった。

アレを押し込まれると口から内臓があふれそうになり、引くとウンチをしているときと同じ感覚に襲われる。

同時に下からも激しく腰を突き上げられ、不快なのか気持ちいいのか、自分でもわからなくなってくる。

「どうやらこういうのが好みだったみたいだな。ヌルヌルだぜ」

「じゃあ、こうするともっと悦ぶんじゃねえか?」

誰かの手が顎をつかみ、生暖かい肉棒を口の中に押し込んできた。

その時何を感じ、何を考えていたのか、今もって思い出せない。

ただ、私はそうするのが当然のように、素直に男の肉棒に舌を絡めていた。

「その気になってきたみたいだぜ。ちゃんと撮ってるか?」

「おう。ばっちりだぜ」

何のことかと私は目を開けた。

スーツの男がカメラを向けていた。

それ以上に衝撃だったのは、その背後の鏡に映っていた自分の姿だった。

下半身を二人の男に挟まれて腰を揺すられ、口にもアレを深々と差し込まれている私・・それは”私”ではなく、”肉の塊り”以外のなにものでもなかった。

慌てて目を閉じたものの、まぶたの裏に今見たものがより鮮明に浮かび上がってくる。

なのに、どうしてそうなるのか・・そんな自分の姿に怖気を催すどころか、体の奥が疼き、熱を帯びてくる。

「あ・・ああぁぁ・・っ」

塞がれた口の端から漏れる声が、自分でも呆れるほどとろけきっているのがわかる。

3人の出し入れが激しくなり、いいように体を揺さぶりたてられているうちに息が止まってしまった。

甘い痺れが腰を押し包んだ・・・と思った次の瞬間、それは凄まじい勢いで全身に拡がっていった。

そう、マワされていたのにも関わらず、私は、イッてしまったのだ。

一度絶頂を迎えた私の体は、その後しばらくイキっぱなしの状態になった。

萎えた肉棒が引き抜かれ、交替して新たに硬い肉棒が入ってくる度、全身がヒクヒクと痙攣する。

まるで丘に打ち上げられた魚だった。

それでも4人はまったく容赦してくれなかった。

「もう、やめて」と懇願しても、無理やり体を引き起こされて、突っ込んでくる。

もう指一本動かす気になれないほど体はくたくたなのに、アソコとアナルだけは別の生き物のように収縮を繰り返している。

現実とは思えない現実。

再び車に乗せられ、家の近くで下ろされた時には、もう空はすっかり明るくなっていた。

その日から、あの4人がまた待ち伏せているのではないかという恐怖から、私は外出ができなくなった。

何せ向こうは私がどの辺りに住んでいるのか知っているのだ。

数ヵ月後に引越して多少落ち着いたが、それでもしばらくの間大通りは歩けなかった。

後ろから車が近づく気配がしただけでパニックになるからだ。

たとえ昼間でもバスかタクシーを利用し、無駄な外出は極力避ける。

そうして日々を過ごしているうちに、私は大変なことに気づいた。

あの日以来、オナニーをしようとすると、必ず”あの時”の光景が浮かんでしまうのだ。

そして自分でも呆れるほどあっけなくイッてしまう。

頭ではそれほどに忌まわしく思っているのに、体のほうはあの時の快感を忘れられずにいる・・ そんな自分に気づいた時から、私の人生は変わってしまった。

暗転と呼ぶべきか、それとも悦ぶべきなのか、いまだ答えは出ていない。