スポンサーリンク
新着記事

散々貢がせて捨てる前のご褒美のつもりで犯してやったら、イイ体すぎて…【エッチ体験】

20才の時、ダイエット前のmisonoみたいなちょいデブスに告られた。

はっきり言って苦手なタイプ。

やんわり無視してたら勘違いして毎日電話してきた。

普段は男友達からデブだのブスだの言われても

「めっちゃむかつく~」と気丈に振舞う子だったが、

生理中など定期的に病み癖がひどくて、

「バイト行ったら殺す」

「ホンマはもっと可愛い子がエエンやろ!」

「ウチがこんなんになったんは、アンタのせいやから、

責任とって今すぐ結婚しろ!」

だの毎日痛電、痛メールが酷かった。

うっとうしいからボコボコに殴って

土下座されて忠誠を誓わせたら、

「ウチを捨てんといて~」と懇願してきた。

可哀想だから抱きしめて耳元で甘い言葉を囁いてやった。

そしたら奴は1日15時間バイト掛け持ちで働き出し、

俺に貢ぎ始めた。家賃や服や最終的に車も買ってもらった。

ちょうどその頃モテ初めて、彼女も出来た。偽misonoもうイラネ。

そういや1回もヤッてなかったので、

最後にご褒美Hをしてやる事にした。

よく見ると結構エロい体してるじゃないか。

上を脱がすと、想像以上にジュクジュクに熟した

Eぐらいのたわわなロケット巨乳が勢いよく飛び出した。

腹のたるみ具合もちょうどいいぐらいにエロくて

もう全体的に欲望の滲み出んばかりのやらしい体つきだった。

めちゃ勃起した。急にテンション上がって乱暴に服を剥ぎ取った。

そしたら幸薄い顔に似合わぬ健康的な剛毛が

広範囲に渡って生え殴っていた。

恥ずかしがって隠そうとする偽misono。

力ずくで足を広げてみっともない格好にして全部凝視してやった。

弄りがいのある、ぐしゃぐしゃに変形したビラビラなど、

体中の恥ずかしい部分を欲望のままにもて遊んだ後、乱暴に挿入。

吐息交じりの声で罵りながら激しく突きまくった。

偽misonoは泣きながら、

みっともない肉といく肉を縦横無尽に揺らし続けた。

俺はかまわず実という実をしゃぶり尽くすように

巨乳に剛毛にあらゆる部位を粗末に扱いながら3回中に出した。

目的を終えた俺は「次は優しくしてやるから」と偽misono

を大事に抱いてお頭を撫でて一晩中甘い言葉で可愛がってやった。

俺はコイツが大嫌いだけど、

もうコイツのこのエロい体なしじゃ生きていけない。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする