スポンサーリンク
新着記事

熟した体を若い男性に捧げる中出しセックス【エッチ体験談】

私は39歳のおばさんです・・・

介護員を兼ねたお手伝いのお仕事をしております。

苦労したせいか見た目より老けて見えるのがお恥ずかしい話。

夫を亡くしてからすでに数年が経ち、子供も独立して今は一人暮しで生計を立ております。

長年お手伝いでお世話になってる宅は、祖父さんが床に臥してからのお付き合いになります。

日中は祖父さんの世話から宅の掃除洗濯をするのが、私の仕事でございました。

ただ家には長男のタカシ君もおりました。

高校を中退した後所謂引篭もり状態で、タカシ君のご飯の仕度も私の仕事でございました。

ある日の事でした。

祖父さんのオムツ交換の際に上着を汚してしまった私は、洗面所を借りて着替えをしてろいました。

スタイルはいいとは言えないのです。

むしろ肉付きの恥かしい体型をしておりました。

唯一の自慢はバストであったかもしれません。

それも贅肉の塊と言われればそれまででございます。

着替えをしてるとトイレに来たタカシ君に着替えを見られてしまいました。

丁度タオルで胸の辺りを拭いていた所でございます。

「ごめん。」真っ赤な顔で恥かしがっておりました。

こんなオバサンでもまだ女として見てくれたようで、嬉しかったのでございます。

しかし今思えばタカシ君の目は舐めるような視線でございました。

私がもう少し警戒しておればあんな行為に走る事はなかったのかもしれません。

次の日でございました。

昼食を済ませた後で私は一段落して転寝をしておりました。

私が気づいたのは下腹部に違和感を感じたからでございます。

「タカシ君!何してるの!」声を上げるとタカシ君が私の上に跨って押さえつけてきました。

「やめなさい、やめ・・きゃあぁぁ!」私の下着を破り捨てるように脱がそうとしておりました。

「だめっ!よして!だめよっ!」抵抗しますが男の腕力には敵いませんでした。

とても聞き入れてくれる目をしてなかったのです。

バシ!バシ!バシ!私が大声を上げると頬を数回殴りつけられました。

ハァハァハァ。

激しい呼吸しながら顔は少し笑っておりました。

力づくで私の足をこじ開け私の膣内にタカシ君のモノが侵入してきました。

「いやぁぁ・いやぁぁ」力尽きた私は恐怖に震えるだけでした。

それでも構わずタカシ君は私にしがみ付き腰を振っておりました。

しがみつき我武者羅に動くだけの性交でした。

うわ言のように私の名前を繰り返し呼んでおりました。

一分と持ちませんでした。

私の膣内に熱い精液が流しこまれるまでに。

嵐のような衝動に私が我に返ったのはすすり泣く声を聞いてからでございます。

タカシ君は私にしがみつきながら肩を震わせ泣いておりました。

「ごめんなさい・ごめんなさい」罪悪感と後悔。

タカシ君からそのような感情は私にも伝わってきておりました。

「お母さん達には黙っておくからタカシ君も忘れてちょうだい。」タカシ君は安心したように頷いておりました。

タカシ君が去った後膣内からドロドロ流れ落ちる精液に私は涙しました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする