新着記事

ライブチャット知り合った人妻とノーパンエッチw【セックス体験】

ライブチャットで知り合ったご近所さんとその後実際に合ってHなことしちゃった話をします。

2ちゃんをやってればライブチャットのバナーが気になり、覗いたことある人は多いはず、僕もよく初期無料ポイント付きのことろを探してはやってたりするんです。

仕事柄平日休みのある僕は、子供を送った後、朝からライブチャットをしました。

偶然同じ県内のチャットガールを見つけ交信してみました、紺野まひる似のミサキ(仮名)さん という方です。

くだらないギャグなんかで喜んでくれて割と気が合いました。

自分の住んでる所を教えるとこれが2-3㎞ほどしか離れていないご近所さんだったんです。

ビットキャッシュで入れた5000円分が無くなってきて、僕はもうお金が無くてお昼が食べれませんからホームセンター内の飲食店で190円の学生ラーメンでいいからおごってくれと頼みました。

そうしたら、ミサキさんももっと話を聞いて欲しかったから、合ってもいいよと了解してくれホームセンター屋上駐車場の角のところで待ち合わせしました。

学生ラーメンは学生じゃなくとも頼めるとミサキさんは信じてなかったんで、二人で学生ラーメンを頼み立証してあげました、ミサキさんにラーメンをおごってもらい190円でお昼が済むならこれは便利だと、自分も今度来ようかななんて言ってました。

そしてペットショップコーナーを見学してから車に戻りました、チャットの時にミサキさんはOLスーツを着ていて、その格好で来てとリクエストしたんですが着ては来たがその上に白いコートをはおってきた。

コートを脱いで欲しいが寒いので可哀想だ、せっかく着てきたんだからとOL姿を僕の車の中で見せてもらうことにした。

実際に派遣業のOLで今は会社が暇なのでしばらく休暇中だという、結婚はしてるが子供はいない不妊治療もやってみたが、マザコン夫と子離れしない姑に嫌気がさし数年セックスもしてないという僕のミニバンの後部座席に乗って、おもいっきし頼みこんだなめろう「パンチラ見せてくれよお」

「え!嫌だよ、見せないよ」

「だってさっきチャットで一回見せてくれたじゃんよう」

「実際に人(チャット相手)に合うのだって初めてだし、こんなとこで見せたりしないよお」

「数秒でいいからおねがいしますおねがいします、五千円はらうから」

「お金ないんでしょ」

「後で下ろしてくる」

「ええーじゃあ・・ちょっとだけだよ」

タイトスカートをためらいながらたくしあげ、ちょっとピンクのパンツが見えるところまでで手をとめた。

「ストッキングはいてちゃパンチラじゃないよお、ストキング脱いでよお」

んもー、と言ってちょっと怒ったようだった、土下座してお願いしますと頼み込んだ、ミサキさんはあたりを気にしながらストッキングを脱いでくれた。

そしてまたパンチラを見せてくれた、サラサーティらしきものが貼ってあった。

僕はいそいで携帯をとりだした。

「ちょっと!なにするの?」

「動画とるの」

「そんなの何に使うの?」

「しこしこするときに使うの、ミサキでしこしこしたいの」

「一万円払うからお願いします」

しかたなくミサキさんは承諾してくれた。

酷いやり方だが僕は最初から金を払う気などない、これはズルズル作戦なのだ。

ミサキさんは片手で顔を覆い顔だけは録られまいとした。

動画を撮ったが携帯を見ると「メモリー不足です過去ファイルを消去しますか」

と出た、ファイルの中は子供の写真だらけだ。

僕は子供を選んでパンチラ動画は残さなかった。

手を押さえつけて、もうちょっとこのままでと言って膝の上にブランケットをかけた、このブランケットは子供が車で寝た時に寝冷えしないようにかけるシナモロールのブランケットだ、パパは悪いことにつかうなあそしてバックの中から玩具を出したな

「僕どえろもんです、じゃーんぱっぴーたいむ」

ハッピータイムとは小さいマスコットのマッサージ機で一見子供の玩具に見えるが電池で振動し、女性オナニーのお供にもなるという裏の顔をもった玩具だ普通にコンビニや薬局で売られたりしている。

そしてブランケットの中でミサキの股間にあて振動させた。

股を閉じて抵抗したが足をねじ込んで股を開かせた。

「マッサージだから、ここは一番マッサージが必要なところなんだから」

ブイイイインと動く玩具にだんだん気持ちよくなってきたのか肩をぴくんぴくんとふるわせた。

「直に当てないとダメだ」

僕はパンツを脱がしにかかった。

「ちょっと、無理無理、こんなとこでヘンなことしてたら捕まっちゃうよ」

「今がチャンスなんだ!今しかないんだ」

僕は真剣な顔で屁理屈を言った。

ミサキはパンツをぬがさせてくれた。

パンツを脱いだ所へ強引に顔を突っ込みマンコを舐めた、ブチャブチャブチャと激しく音を立てて舐めた「ちょっとヤダ、人に見られたら通報されるってそしてまた横に座り玩具をクリにあてた。

そしてミサキの手を取って硬くなったチンコを握らせた。

そうとう嫌がってたにも関わらず、クリで気持ち良くなってきたのか握らせたチンコの手がゆっくり上下に動き始めた。

奥さんイイぞもっとHなことしてしまおう。

イク時の顔を見られたく無かったのか顔を背けて手首のあたりで目のあたりを隠すようにしていた。

その恥じらいもまた興奮する。

「もう・・いい・・おわった・・」

イッテしまったようだ、ぱっぴータイムの猫ちゃんはお汁でぐっしょりだ、毛も一本付いていた「いけた?」

「うん・・猫チャンにいかされちゃた」

今朝知り合ったばかりの男にいかされたとは、自分のなかで解釈もしたくなかろう「猫チャンにイカされちゃたね、じゃあコレあげる」

「僕もイキたい、口でしてよう」

「無理無理、したことないもん、上手くないもん」

したこと無ければ上手いか下手かわからんはずだ。

嘘が下手な女だ、チャットで話した時も、一人Hはするのと聞けば、しませんと答えるが、週に3回はしてるの? としつこく聞くと「そんなにしてないよ」

と言った「そんなに」

ってことはやっぱりしてるんじゃないかな「三万あげるから」

「えええ、なめろうさんお金なくなっちゃうよ」

「ちょっと口に入れててくれるだけでいいから」

「だって、マズイもん」

呑んだことあるんじゃねえか、じゃあ、と言って亀頭にチュだけしてくれた。

「短じか!アンコール!アンコール!」

えええーと言って少し間をおいてゆっくりと口に入れてくれた。

そして吸いながらゆっくりと上下に動かしてくれた。

「あああー凄くイイ、凄く気持ちイイ」

そうやって男はオーバーに喜ぶと女はもっと喜ばせてやろうと、亀頭を回しナメしたり、根本まで深く吸い込んだりしてくれた。

なんだよ、プロ並に上手いじゃねえかよ、ちょっと八重歯が当たって痛かったがそんなことは口に出さなかった。

「はい、お終い、もう(チンコ)しまってね「硬くなりすぎちゃって収まりがつかないよ」

「自分のモノだから自分で納めなさいよ」

「腿に挟ませて欲しい・・」

「え?」

「腿に挟むだけでいいから、イキたい・・」

「ヤダ、そんなの出来ないよ」

「6万あげるから」

ミサキを後ろ向きにさせてお尻をちょっと突き出させた。

そして腿に挟み数回腰を振りながら、穴の位置を探って「ズン」

と挿入してやった、「きゃあ、嫌嫌嫌嫌、やめてやめてやめて」

この僕がバックスマタで我慢できるとでも思ってたのか、ひっかかりやがってまさかミサキも朝知り合ったばかりの男と、真っ昼間に屋上駐車場でセックスするなんて想像の範囲を遙かに超えていた出来事だろう。

「嫌、嫌、嫌、もうやめて」

と繰り返していたが、情け容赦なくするするとボタンを外しブラを外しOL服を引っかけてるだけの半裸状態にした。

チュルチュルとチクビを舐めたり耳を音を立てて舐めたり、クビ筋にあとが残るくらい吸い付いたり嫌々やめての声もハァ・ハァ・ハァ・の息使いに変わっていった。

そして自分の上に座らせると自分から腰を振りだした。

正常位になろうと言うと自分から下になった。

激しく腰を振ると「ああーあああーあああー」

と声が大きくなっていき、表に人がいたらのぞき込まれるので「ゴメン、声が・・」

ミサキは気が付いてくれて、ブランケットで口をおおった。

「うぐうぐうぐ・・」

「う、、イク、、」

チンコを抜くと精子がミサキの服にピューピューと飛んだ。

すぐにウエットティッシュで拭き取って、ミサキのマンコをゆっくり舐めてティッシュで拭いた。

コレは紳士としてのマナーだ、自分のチンコをポンポン拭いてはいお終いではなんの気遣いもない、僕は最初から入れるつもりで合いにいったのだ。

だから家を出る前に一発抜いて置いた。

早漏にならないようにだ、そして洗面所で石鹸でチンコも洗っておいた、オイニイ臭かったらフェラしてくれないからだ。

一回亀頭にチュウしてくれたときもアレ?意外にいい匂いと感じ、フェラしてもいいかなと思い直したはずだ。

お金は、とミサキの方からは切り出さなかった。

「なめろうさんお金なくなっちゃうよ」

の言ってくれたときに、もらうつもりも無いんだと僕は解釈した、最初から払うつもりのないがミサキは脳の芯を突き抜けるようにイッタようで5分間ぐらい服も直さずにくねくねよがっていた。

僕は頭を撫で続け、じゃあそろそろ服を着ようと言ってコレあげると言って紙袋を渡した。

中には黒のガーターストッキングミ「ヤダ、なんかインリンみたい」

淫乱みたいと言いたかったのだろうかインリンも確かに淫乱だがどうやって着るの?と言ったのでガードルを胴に撒いてやった。

初めてはいたガーターストッキングも割と気に入ったようだが履く機会が無いよね、と言っていた。

うっかり、股今度合うときにと言いそうになったがまた合うことはない、お互いに恋いの炎が燃えあがったら生活のバランスを崩し、家庭や仕事に差し支えることになるそして初めて逢った人をズルズルと攻略していくことはたまらん興奮なのだ、僕はそういった病人なのかもしれない。

ホームセンターに戻り、ハンバーガー屋でコーヒーを呑んだ。

「お金は、気持ちよかったからいらないよね」

「ああー犯された犯された」

「気持ち良かったから許すよね」

「ううん、許しちゃおうかな」

「凄く感じてるようだったよニヤニヤ」

「もう、やだー」

もう二度と火遊びをしないことを誓い合った。

ミサキにはノーパンのまんまガーターストッキングをはいてもらってるピンクのパンツと黒は似合わないからパンツを取り上げたのが車に戻り「じゃあ帰りましょうか、」

「あ、そうだ自分のストッキングとってこなきゃ」

もういちど僕の車に戻って、鍵をロックしたチンコを出して「お口にいれてー!もう一回!もう一回!」

「そろそろ帰ってご飯つくらなきゃ」

「ほかほか弁買って皿に分ければいいじゃん」

そう言って二千円渡した。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする