スポンサーリンク
新着記事

私の性癖は女の子をイカせる、絶頂させることに最大の喜びを感じます!【エッチ体験談】

私の性癖とでも言うんでしょうか

女の子をイカせる、絶頂させることに

最大の喜びを感じます。

1回よりも5回、

5回よりも10回というように、

1回でも多く女の子をイカせられれば

それだけ満足度は高まります。


匿名利用で大人の友達増やそう!複数チャットもある!Hな出会い系はココ!!
ウラデジ体験談

女の子を絶頂させるのに夢中になって、

自分がイクのを忘れてしまうこともしょっちゅうですが、

なぜか俺はそれで満足できるんです。

そこらの竿師には負けない、

テクニックが俺にはあります

信じられないかもしれないけど。

そして、今日は、公共施設のセミナーで知り合った

人妻ユカと先日、結ばれたことを報告したいと思います。

ユカとは前から顔は合わせていて、

とてもきれいな女性だなと密かに心を寄せていました。

でもなかなか声が掛けられなかったんです。

やっと先日、セミナーが終わった後、

思い切って声をかけることが出来ました。

ゆかも俺のことが気になっていたらしく、

スムーズに会話が運びました。

そこでお茶に誘うとすんなりOK。

結構、話が盛り上がりったので

思い切ってお酒に誘ってみた。

するとこれもOK。

とりあえず居酒屋に行き、

ユカは羽目を外したのか、

家庭のことなどいろんなことを話してくれた。

今32歳で子持ちのママであること。

旦那が初体験の男で、

旦那以外の男とはエッチしたことがないこと等々。

「セックスには満足しているの」

と聞いてみると、

あまり満足していない様子。

SEXの時、旦那は、

普段は言わない

「好きだよ」

「きれいだよ」

などの言葉を掛けてくれるので嬉しいが、

実際のセックスは前戯もそこそこに

いきなり挿入してきて突きまくるだけ。

放出したと思ったら

すぐに寝てしまうとのことだった。

ユカは、なぜだか惨めな気持ちになって、

SEXした夜は全然眠れないとこぼした。

俺は

「ひょっとしてイッたことないの」

と聞いてみた。

ユカいわく。

「旦那とのセックスでは1回もイッたことないし、

オナニーでもイク寸前までにはなるけど

最後まではイケないとのこと。」

そこで俺は

「自慢じゃないけど、今までエッチで

イカせられなかった女の子は一人だけ。

一度試してみる?」

と冗談混じりに言ってみた。

彼女は「またまたー」と笑いながら言ったが、

まんざらでもなさそう。

その後、趣味のことなど

いろんな話をしながら二人とも

結構アルコールが入った。

店を出た時、ダメもとでユカに

「うちに寄ってかない」

と持ちかけると、ゆかは

「何にもしない?」

と聞くので、

「無理矢理する趣味はないよ」

と言うと

「少しだけなら」

とOKしてくれた。

俺の自宅に二人で入り、

とりあえず俺はお茶を入れた。

ユカは

「なんか緊張するね」

と言いながら部屋を見回していた。

俺はここがチャンスと思い、

思い切ってユカを抱きしめた。

ユカは抵抗しなかった。

そこで俺はすかさずユカと唇を重ねた。

最初は唇を触れ合うだけ。

やがて舌を差し入れた。

最初、ユカはされるがままだったが、

そのうち自分からも舌をからめてきた。

頃合いを見計らって俺はユカを

ベッドに運んで生まれたままの姿にし、

俺も素早く服を脱いだ。

キスを再開して、

同時に胸を揉み始めた。

ユカの息が少しずつ荒くなっていく。

いきなりは乳首を刺激せず、

脇の下辺りから徐々に責めていく。

乳首の周りが感じるらしく、

中指で円を描くようになぞると、

「アアー」

とあえぎ声を上げ始めた。

更に続けるとその声が

だんだん大きくなる。

いよいよ乳首を責める。

最初は、触れたか触れないかの程度で

指の腹で軽く触れる。

その度、ユカの体がピーンとのけぞる。

乳首の周りをなぞるのと、

乳首の先端を軽く触れるのを交互に繰り返すと、

ユカは前身をくねらせ、

更に強い刺激を求めてくる。

そろそろいいかなと思い、

俺は右手でゆかの左の乳首を責め、

舌で右の乳首を転がし始めた。

「アアー、アアー」

ユカのあえぎ声が隣の部屋に

聞こえんばかりになる。

10分ほど続けたろうか。

ユカのカラダがけいれんを始めた。

俺はひょっとしてと思い、

舌をさらに激しく動かし、

乳首をなでる指の動きも早めた。

「イックー」

ユカは声を上げて絶頂した

今まで一度もイッたことがなかったユカが

胸への愛撫だけでイッてしまったのだ。

「ハーハー」

と息を弾ませているユカに

「おっぱいだけでイッちゃったね」

と声を掛けると、

恥ずかしそうにそっぽを向いた。

胸だけでイケる子も時々いるんですよね。

俺が出会ったのはこれで二人目。

それにしても胸だけでイケる子が

今まで一度もイケなかったなんて

放心状態のユカをしっかり抱きしめ

(女の子がイッた後これはとても大切なんです)、

落ち着いた頃、下半身へ手を伸ばした。

といってもいきなりオマ○コを触ったりはしない。

まず太ももの外側をなで、

徐々に内ももへ手を移動させていく。

オマ○コに少し触れてみる。

既にぐしょぐしょに濡れている。

「洪水のようになってるよ」

と言うと、ユカは「イヤ」と顔をそむける。

何ともかわいい。

俺はビラビラの外側を触れたか

触れないかの程度でゆっくりなで始めた。

ユカはまた「アアー」と声を上げ始める。

指を徐々に中心へ移動させる。

真ん中に指が行き着いた時、

ユカの喘ぎ声は一段と高くなった。

でもクリトリスは確認できない。

そこでオマ○コの周辺をなぞりながら

時折中心へ指をすべらせる動作を繰り返すと、

やっと出てきたよ。

クリが。

指で突起がしっかり捉えられる

やはり普通の子よりは少し分かりにくいなあ。

おそらくユカの旦那はいまだに

このクリの存在がよく分かっていないんだろうなあ。

指先でクリをツンツンと押すたび、

ユカは「アッ」と甲高い声を上げ、

カラダをのけぞる。

イカないはずのユカが

すぐにもイきそうなところまで来ている。

オマ○コもおまんこ汁でびしょ濡れで、

触っている指がつるつるすべる。

でもイカせるのはもう少し後だ。

今度は、膣の周りを指ですべらせながら

中指を膣内に少しずつ差し入れる。

「ウウッ」とユカがうめく

十分に濡れそぼっているため、

中指がスッと吸い込まれる。

中指を少し曲げる。

ザラザラした感触があればGスポットだ。

そこを丹念にこすりながら

同時に指の出し入れも加える。

「気持ちいい?」

と聞くと、ユカはウンと頷く。

さらに続ける。

「アッ、アン」

ユカのあえぎ声も大きくなる。

そろそろイカせてあげようかなと思い、

指を膣から抜いて、クリの責めに移る。

愛液でびしょびしょになったクリを

指の腹で軽くなぞる。

これを10分くらい続けただろうか。

ユカの「アアー」と言う声が間断なく

部屋に響き、カラダも硬直を始める。

いよいよイキそうだ。

少し強めにクリを押し、

円を描くようにもみしだいた。

「アッアァン」

ユカの息づかいが早くなる。

「もうイッちゃいそう」

ユカが叫ぶ。

俺は「いいよ。今までの分、思いっきりイッて」

と声を掛ける。

指の動きも更に早める。

「アーーイクー!」

俺はユカを優しく抱きしめた。

ユカも俺の背中に手を回して

強く抱きしめてきた。

「こんな幸せなセックスは初めて」

ユカはうつろな目で言った。

「俺もだよ」と返した。

でもこれで終わらせないのが俺流(笑)。

今度は、指を膣に入れてGスポットを

刺激しながら舌でクリを丁寧に舐め上げる。

これでさらに5回立て続けに

ユカをイカせた。

ユカは失神寸前になり、

そのまましばしの眠りについた。

俺はと言えば、いつものことながら

イキそびれてしまった。

でもユカの幸せそうな寝顔を見て

十分に満足できた。

やはり女の子をイカせるのは

何とも言えない喜びだね。

これまでセックスした女の子の何人かは、

ユカと同じように、

今までイッたことがないと言っていた。

でもほとんどの子はイカせることが出来た。

一人だけだね、イカせられなかったのは。

その子はセックスにマイナスの印象を強く持っていて、

それを取り除くのがとても難しかった。

それにしても、ユカの旦那のように、

独りよがりで自分さえ気持ちよければ

いいみたいなセックスしかしない男は

意外に多いんだよね。

でもこういう男が多ければ多いほど、

俺のところに女の子が

回って来るんだから良しとしよう!

Hが下手な男のアシストがあってこそ

俺の存在がいきるというものだ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする