スポンサーリンク
新着記事

上司にアナルも許している新人OLのエロ体験【エッチ体験談】

入社以来、しつこく食事とか、ドライブに行こうと誘ってくるオヤジが居るんです。

もちろん、オヤジと食事など行く気もないので体よく断ってました。

しかし、何度も断っているとだんだんにオヤジの後輩達が私に仕事上で辛くあたるようになりました。

オヤジの命令だと思いますが、証明できるものはなく、だんだんに私は追い詰められて行きました。

安易に会社を辞める事もできないので、だんだんに一回くらいならと思うようになりました。

食事にと誘われて、仕方なくOKすると、行ったお店は食事よりもお酒がメインのお店でした。

あまり飲めない私ですが、進められるままに飲んでしまいました。

お店を出る頃には、フラフラになってしまい、オヤジはそれをいいことに介抱するふりをして、私の体を触るんです。

逃げようと走ったのが良くありませんでした、一気に良いが回ってしまい、まともの歩く事さえ、できませんでした。

オヤジはがっちりと私を抱きしめるとホテルへ連れ込みみました。

気が付くと、私はベッドの上で全裸で寝かされていました。

私が目を覚ましたのに気づくと、いきなり覆いかぶさってきました。

私が抵抗すると、オマンコを触り、こんなに濡らして嫌もないだろうと挑みかかってくるんです。

え、そんなに私って淫乱なのと思いましたが、あとでそれがローションだったことに気が付きました。

寝ている間に濡らしてしまう自分の淫乱さに気落ちしていると、オヤジは硬くなったものでクリを弄るんです体が反応してしまい、もういいと思ってしまいました。

私が抵抗をやめて体の力が抜けると、オヤジはその気になってきたね、気持ちいいことしようと言って、オマンコにあてがってきました。

こんな形のロストバージンは嫌だけれども、淫乱な私には、なんて思ってしまったんです。

初めてでしたが、ローションの力を借りているせいか、すんなりと入ってきましたが、すぐに激痛が入り、痛いというと、朋子バージンか、よかったな俺でといい、少しずつ入れてくるんです。

そして、ついに激痛と共に破られてしまいました。

半分気を失いかけても、オヤジはぐいぐいと入れてきて、とうとう根元まで入れてしまいました。

オヤジはいやらしいことを言いながら、出し入れを始めすぐによくなるからといわれましたが、痛いだけでした。

オヤジがうめき声をあげたかとおもうと、中で出されてしまいました。

オヤジは放心状態の私にロストバージン記念だと言って、何枚も写真を撮りました。

シャワーを浴びて綺麗にしたあとに、逃げるように帰ってきました。

数日後、私はオヤジから写真を手渡されました。

ロストバージン記念だと言ってましたが、私の全裸の写真ばかりでした。

もちろんオマンコから血が出ている写真もありました。

私はそれを焼却しましたが、次のオヤジからの誘いを断る事はできませんでした。

今ではオヤジの望むままにされています。

先月にはとうとうアナルバージンまで奪われてしまいました。

でも、心はともかく、体がオヤジなしでは生きていけなくなってしまっています。