新着記事

同僚のPCを修理したらエロサイトに繋いでたことが分かった【エッチ体験談】

俺とE子は同じ学校の出身だ。

特に親しくはなかったが、たまたま同じ会社に入ってからは

お互い知った顔同士という事で自然と話しかける事が増えた。

仲良くなってからは一緒に飯を食いに行ったり頻繁に連絡とったりする間柄だ。

E子は22歳で、顔はまぁ普通かな。

見る人が見れば可愛いって思うかもしれない愛嬌のあるタイプ。

背は低めでポチャ系、胸は結構ありそうだ、Dくらいだろうか。

そんなE子から、ある日の夜にメールが来た。

読んでみると『助けて!』みたいな事が書いてある。

すぐ家に来てくれないか?って内容だったが、

とりあえず何があったのか確かめるために直接電話をしてみた。

E子の話によると、パソコンを使ってたら画面がおかしくなった。

パソコンは家族で共有して使っているもので、家族が帰ってくるまでに直してほしい。

実家暮らしのE子だが、家族は今出掛けていて家にはE子が1人でいるらしい。

直せる自信はなかったが、E子の家まで急いだ。

部屋に入ってパソコンの画面を見てみると、なるほど画面の中央に自動でウィルスチェックするソフトが起動してる。

閉じてもまた出てくるし、再起動してもダメ。

説明は全部外国語、どこかクリックすると金払えみたいな文章が出る。

「あーこうゆうやつね」

「直せる?」

「まぁやってみるわ」

俺は一生懸命ググりながら駆除する方法を探し始めたが、作業しながらも頭の中には1つの疑念が浮かんでいる。

実は俺もこれに似た画面を見た事がある。

エロサイトを見てる時、間違って変なとこをクリックしたら出てきたやつだ。

もしやE子もエロサイトを?

気になったのでE子にズバリ聞いてみた。

「なぁ?もしかしてアダルトサイトとか見てた?」

「え?そんなの見てないよ」

まぁ当然の事ながらE子は否定する。

なんとか駆除する方法が書いてあるサイトを見つけ、その通りにやれば15分もかからず元に戻せた。

「わぁ、ありがとう、よかったぁー」

パソコンが元に戻って喜んでるE子に、俺はもう1度同じ質問をする。

「ねぇ、もう1回聞くけどさ、アドルトサイト見てたって事ない?」

「うううん、私見てないよー」

しかし、さらりと否定してみせたE子に厳しい現実を突きつける。

「1つ忠告しておくけどさ、インターネットって履歴に残るからどこのサイト見てたか履歴見ればすぐ分かるんだよ」

そう、俺はパソコン直したついでに閲覧履歴も見ていたのだ。

そこには”過激アダルト~”とか”素人○○撮り~”みたいなフレーズが並んでいた。

E子がそんなエロサイトを見てた事には驚いたが、パソコンを家族で共有して使ってるなら履歴を残しておくのはまずい。

それぐらいは知っておいた方がいいという俺の親切心だ。

「見たの・・・?」

E子の顔色が変わっている。

「履歴?見たよ、だって原因が分かんないと直せないもの」

もっともらしい俺の言い分に何も言い返せなくなったE子頬を両手で押さえて、

「あぁぁぁー・・・」

と困ったように声を出し、いきなり俺にしがみついてきた。

「ねぇお願い、誰にも言わないで、お願い」

「分かった、誰にも言わないって」

「ほんと?絶対誰にも言わないでね、お願いだよ」

必死の懇願を続けるE子に俺は

「大丈夫、絶対誰にも言わないから・・・おっぱい触らせてくれたら」

「えっ?」

「パソコンも直したんだし、それぐらいはいいでしょ」

「んもー、分かったよぉー・・・あっ、でも今日はもうダメだよ。そろそろ家族が帰ってくるころだし」

E子が両手で胸を隠す変なポーズをしながら言うので、時間も時間だしその場は帰る事にした。

そして後日、今度はE子を俺の家に呼び出す。

俺はE子の体を触ってやる気満々だというのに、E子はお菓子やらジュースやら買って、

「よぉー」

と言いながら呑気に登場。

適当に座らせて世間話をしてたが、頃合いを見て例の件を切り出してみた。

「さぁて、今日は胸、触ってもいいんだろ?」

「しょうがない・・・」

渋々承諾するE子。

「ほんとにもう、いやらしいんだから」

「お前もな」

「もうー、そういう事は言わないでー!」

あの事をネタにする俺に、引っぱたくふりをして怒ってみせた。

「分かった分かった、もう言わないから。はいじゃあ、そこに立って気をつけ」

E子を立たせて俺はその後ろに回る。

そしてインナーのすそを持って上げようとすると

「ちょっとちょっと、何してるの??」

E子が身をよじって逃げ出した。

「ん?触るっていうのは直接触るって事だぞ」

「そんなの聞いてないしー、直接とか無理だって」

E子は文句を言って抵抗したが、結局諦めて元の位置に戻ってきた。

俺は後ろから体を密着させてE子の肩の上に顔を乗せる。

さらに骨盤とお腹の間に手を添えてジワーッと触っていく。

E子が大人しくなったのをいい事に、今度は耳にちょっとだけ口をつけてみた。

E子は

「きゃっ!」

とびっくりしたような反応をして

「耳ダメ!」

「耳弱いの?」

「そういう事じゃない・・・」

「じゃー、首にしておくか」

次はE子の首筋に唇を軽く当てながら、腰を撫でていた手をジワジワと上へと持っていく。

内股になっているE子の足がモゾモゾと動いた。

両手はついにブラの下側へ到達。

そこからブラの中へ忍び込ませ、ブラを上にずらしていく。

ブラから完全に胸が出たところでE子の両乳首を強めにつまんでみた。

E子は思わず

「んー!」

と声を上げる。

「摘まむのなし」

「あ、ゴメン。摘まむのなしかー」

俺はインナーを胸の上の方まで捲り上げて胸を完全に出してしまうと、今度は手のひら全体をE子のおっぱいに押し当てゆっくり回すように動かし、それと同時に乳首も転がした。

されるがままになっているE子も息が荒くなってきた。

そうやってE子の胸を堪能し、興奮が高まってきた俺は

「下も見たいなぁ」

と頼んでみた。

すると、E子は捲れ上がってたインナーをサッと下まで下げて俺の方に向き直すと、片手を俺の首に回し体を預けてきた。

そして、今まで聞いた事のないような低い声で

「ねぇ・・・ほんとにあの事、誰にも言わない?」

「言わない、それは約束する」

「じゃぁ・・・・いいよ」

今度はE子に床に寝てもらい、赤いチェックのスカートの裾を捲ってみる。

前部分が赤で、横から後ろにかけて黒になっているデザインのパンツ思ったより派手なのを穿いててちょっと驚いた。

さらに閉じていた足を開かせて、あそこの部分がよく見える体勢になってもらう。

「あっ、ここ濡れてるじゃん」

パンツの中心部分が少しだけ色が変わり滲んでいた。

「濡れてない」

E子は腕を顔に乗せて目のところを隠すようにしている。

「いや、だってここ染みてるぞ」

僅かに染みができている部分を指先でチョンチョンと触る。

次第に指先を軽く押し当ててみて、軽く擦り始める。

E子は声を出さないように、必死で堪えてるようだった。

さらにはパンツの脇から指を侵入させてダイレクトにあそこを触ってみると、案の定びっちょり指で弄ってるうちに、だんだんパンツが邪魔になってきたのでそーっと脱がしていき膝のとこまで下げた。

そうしてさらにE子のあそこを弄り続ける。

わざとに音が出るよう指を動かしてやると、クチュクチュクチュッとあそこが大きな音を立てた。

E子の反応を見ながら片方の指で浅く出し入れを繰り返しもう片方の指の腹でクリをなぞってやる。

それを続けているうちに、E子に変化が・・・。

「あっあぁっいぃいっ・・・」

と声を上げてお腹の辺りをピクンピクンとさせた。

「あれ?もしかしてイッちゃったの?」

「そういう事は聞かなくていいのっ!」

E子はどうやらイッてしまった事が凄く恥ずかしいみたいで顔を両手で覆っていた。

「ふーん・・・」

イッた事には触れてほしくないようなので、俺は黙って続ける事にした。

今度はあそこに中指全体を押しつけ、指1本でアソコとクリをくにくにと同時に刺激する。

指の上下の動きを速くしてやると、

「あっあぁぁぁんいっいぃ・・・!」

さっきよりも短時間でイッてしまったようだ。

「凄いな、またイッたの?ちょっと早すぎじゃない?」

「私だって、今までこんな風になった事ないんだよ」

どうやらE子もこんな風にイクのは初めての経験らしい。

俺は添い寝でもするようにE子の横に寝転び、

「入れてほしくなった?」

と聞いてみた。

E子は頷いてみせたが、俺が”ん??”と耳をE子に近づける素振りで、言葉で言わせるように仕向けると

「入れてほしくなっちゃった・・・」

そう小声で俺に伝えると、ほんのり顔を赤らめた。

そして、自分で言ってしまっておきながら

「んもー、なんてことを言わせるの!」

と笑ってた。

俺は体を移動させてE子の足をさらに開かせると、一気にチ〇コを生挿入。

最初はゆっくりと浅く出し入れし、だんだんと腰の動きを速めていくにつれてE子の口からは可愛い喘ぎ声が漏れ始める。

奥深くまでチ〇コを入れてやるとさらに大きな声を出した。

ちょっと声の大きさが気になり始めたので、正常位のまま体を重ねるように被さり、キスで口を塞いでやった。

しばらくその状態で深く挿した感触を楽しんでいたが、もう1度E子をいかせてみたくなって上体を起こした。

そしてチ〇コを高速で出し入れさせたまま、指でクリを触り刺激を与えてやると

「あんっ、そこ・・・ダメッ!!」

E子は激しく感じて、あっという間にイッてしまった。

まだ余裕を持って腰を動かしていた俺だったが、E子の感じている様子を見て興奮が高まり、一気に限界がきた。

慌ててチ〇コを抜くと、E子のお腹を目がけて発射。

久しぶりだったせいか、自分でビックリするぐらいの勢い。

発射された精液はE子の顔近くまで飛び、服に少しかかってしまった。

謝りながら拭いてると、E子も

「いいよいいよ」

って笑ってくれてなんか満足しているみたいだった。

E子は秘密を知られたせいなのか、この後も俺に対してだけはやたらとオープンに接して何回もやらせてもらえる関係が続いた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする