新着記事

年下のドS人妻にSMプレイで開発され、M男になった五十路サラリーマン【セックス体験】

私は、50代のごく普通のサラリーマンです。

妻とは数年ご無沙汰で、遊びで出会い系サイトに登録してみました。

すぐに、返信があり、ダメ元で約束の場所に出掛けてみたんです。

そこに、現れたのです。

新婚3年目の28歳の人妻です。

なかなかのプロポーションで好みのタイプでした。


会員登録無料!安心・優良コミュニティーサイト!ハッピーメールはココ!<18禁>
必ず逢えるサイトはココ!<18禁>

お互いに自己紹介をしてから、ラブホへ直行しました。

彼女は、部屋に入ると豹変しました。

S女だったのです。

私を全裸状態にさせて、アソコを弄り始めたのです。

そして、陰毛を剃ると言い出しました。

「お毛毛は、無くていいよね。フェラの時、邪魔だから」

言われるままに陰毛を剃られました。

職業柄、とても上手に剃っていました。

「綺麗に剃れたよ、可愛いチンコ。勃起してるけど、どうしたの?」

私の性器は子供の様な状態で、とても恥ずかしく耐えられませんでした。

しかし、興奮して勃起しているのです。

彼女は、下着姿で私の上に股がり、勃起した性器をシゴキ始ました。

寸止め状態を何度も繰り返すのです。

私は、耐え切れず射精してしまったのです。

「何、出してるの。まだ、出して良いって言ってないよ」

彼女は、手を止めることなくシゴキ続けます。

「まだ、出るでしょ。もう一度、出しなさいよ」

そして、パンツを脱ぎ私の顔に押し付けて来ます。

「ほら、舐めて綺麗にしなさいよ」

彼女のアソコは、やらしい匂いで満ち溢れて濡れています。

「クリを舐めて、もっと激しく」

私は、彼女のクリを舐め続けました。

「気持ちいいわ、もっと舐めて。我慢汁が出てるわよ。まだ、射精しちゃだめよ」

私は、耐え切れず2回目の射精を・・・。

「もう、出たの。まだ出して良いって言ってないわよ、お仕置きをしないとダメね」

彼女は、手コキをやめて、綺麗な長い脚でコキ始めました。

「今度は、これよ。どう、気持ちいいでしょ」

私は、初めて足コキをされたのです。

正直、あまり気持ちいいとは思えませんでした。

しばらく足コキをされ、射精しないので彼女は素股で擦り始めました。

「気持ちいいでしょ。まだ、入れないわよ」

素股は流石に気持ち良く、フル勃起状態となってしまい。

「あら、元気ね。まだ、出るわよね。まだ、出しちゃだめよ。私がイってからよ」

彼女は下になり、股を広げてクンニを要求します。

「ほら、舐めなさいよ。綺麗に舐めて」

私は、言われるままにやらしい匂いがするマンコを舐めました。

「舐めながら、指も入れてイカせてよ」

私は、舐めながら指を入れピストンします。

「上手、もっと激しくして」

クリを舐めながら、指でGスポットを刺激します。

「イクー、イクヨー」

彼女は、激しく潮吹をしたのです。

妻とのSEXで経験はありましたが、比べ物にならないくらいの量です。

しかも、何回も吹きました。

「気持ち良かったわ、綺麗に舐めて」

彼女は、潮吹したマンコを舐めさせたのです。

無味無臭で、あまり抵抗がありません。

私は、綺麗に舐め、

「シャワーで洗った方が良いですよ」

彼女は笑いながら、

「平気、今度はあなたの番。横になって」

彼女は、手コキを始めました。

「まだ出るでしょ、今度は、あなたが潮吹きよ」

彼女はフェラと手コキで射精させて、更に亀頭をシゴキ続けます。

私は限界状態で、思わず潮吹いてしまいました。

「ほら出る。もっと、出しなさい!出るでしょ」

私は、何回か潮を吹いてしまいました。

「もう、ダメです。勘弁してください」

「SEXは、お預けよ。いいの?」

とても、SEX出来る状況ではありません。

今までにない快感に襲われ、脱力感で体が動かないのです。

「もう、おしまい?まだ、これからよ」

彼女は、フェラと手コキで勃起させ騎乗位で激しく動き始めます。

「まだよ、これからが本番よ」

彼女は、腰を前後に激しく振り動き続けます。

私も、上下に腰を動かします。

「イク、出ちゃう」

彼女は、動きを止めて手コキを始めて・・・。

「ほら、出しなさい。見ててあげるから」

私は、耐え切れず射精してしまいました。

「よく、見えるわ。ずいぶん年の割には出るわね」

彼女は精子を手に取り、眺めています。

「もう一度、出来るでしょ」

私は限界を感じ、断りました。

「今度、会うときはもっと出しなさいよ」

彼女は、笑ってそう言いました。

それから何度かソフトSMをしました。

いまでも、時々SMプレイをしています。

私は、完全にM男となってしまいました。

妻とは、SM経験はありませんが、

SMの快感を覚えてしまったのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする