スポンサーリンク
新着記事

大学の男友達にプールでいきなりおっぱい揉まれて、愛撫されまくった私のエッチ体験【セックス体験】

当時大学生だった私は

男2人女2人で行く予定だったけど、

女友達の都合悪くなってしまって、

男2人と3人で行く事に。

夕方近くから行ったのですが、

平日という事もありガラガラ状態。

流れるプールにはカップルが3組くらいしかいない。

殆どのカップルがいちゃいちゃしてた。

少し前に流れていたカップルは

ビート板の大きいのに2人で乗っかって

キスしながら抱き合ってるた。

それを発見した男達は大騒ぎ。

A君が「邪魔してやろうぜ!」っと意地悪く言った。

「じゃあ浮き輪におしり入れなよ。押してあげるから。」

と言うので私は浮き輪におしりを入れて浮かんだ状態に。
2人が私の浮き輪を押しながら

バタ足したりして前にいたカップルを追い抜いた。

勢いよく浮き輪を押したので

私の胸がタプンタプン揺れていたみたいで

二人とも興奮してきたみたい。

A「アキちゃんの胸凄いね〜。」

B「着やせするんだね。脱いだら凄いんだ。」

などと言われ私は赤面。

すると後ろから浮き輪を押してたA君が私の胸を揉んできた。

私が「いや〜ちょっと〜!やめてよ〜」などと言っても揉みまくり。

前にいて浮き輪の紐を引いてたB君が

浮き輪の下へ潜り私のビキニの下を触りまくり。

私は浮き輪におしりだけ入れた状態で

足は無防備に開きっぱなし。

二人は調子に乗ってビキニの下迄手を入れてきた。

下を触っていたB君が

「あれ〜アキちゃんのアソコちくちくするよ。」

私は結構際どいビキニだったのでVラインの毛を剃っていた。

A君は「アキちゃんの乳首コリコリ硬くなってるよ〜。」

などと恥ずかしい事ばかり言うので私はなすがまま。

だんだん気持ち良くなってきてしまった私。

「アキちゃんぬるぬるしてるよ〜。」

などと言いながらアソコに指を入れてきた。

私は必死に声を出さないようにしてたけど

「もう駄目〜ヤバイよぉ〜。」

二人は「う〜入れて〜!!」などと言ってたけど

流石にプールでは触る迄で終了。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする