新着記事

大学時代の同級生に先っちょ入れたらガチ処女だった話【セックス体験】

4年ほど前になります。

当時付き合っていた彼女と別れ落ち込んでいたとき、

以前から連絡を取り合っていた大学時代の同級生のAちゃんが

仕事の転勤でたまたま近くに引っ越してくることが解り、

遊びに行くことにしました。


匿名利用で大人の友達増やそう!複数チャットもある!Hな出会い系はココ!!
ウラデジ体験談

自分は、別にその子に対して好意を持っていたわけでもなく

ただ引越し祝いと結うことで遊びに行きました。

早速乾杯をして、昔話などをして盛り上っていたのですが、

Aちゃんはとってもお酒が好きで、

自分が持っていったお酒をすごいペースでいっていました。

自分もそこそこ酔ってきたころ彼女と別れ、

溜まっている自分はだんだんエッチな気持ちになってきて、

勝手にベットに寝て、

Aちゃんを引きずり込み抱きついたりしていましたが、

嫌がるわけでもなくワイワイいっていました。
すると突然Aちゃんが実は自分のことが好きだったと告白してきました。

もうそうなると自分の理性はとんでしまい、

Aちゃんの服を脱がしにかかりました。

するとAちゃんは初めてだと言ってきたので27歳にもなって初めてとは?

と思い半信半疑でどんどん脱がしていき、

「しゃぶって」というと最初は

「え?」とゆう感じでしたが、

「ちんちん」というとびっくりしながら口に含んでくれました。

それがものすごく下手で

「ほんとに初めてなの?」と聞くと

「うん」とうなずきました。

それでも一生懸命にしゃぶってくれて、

「じゃあお返しするよ」といい、

穿いていた下着を脱がしてあげると

「いや」と言いながら顔を隠しましたが構わずわざと

ジュルジュル音を立ててなめているとベタベタに濡れてきて、最初とは違い

「あんあん」言いっぱなしになりました。

そしていよいよ入れようと体制を立て直すと

(もちろんその気がなかったのでゴムなんて持ってきていません)

改めて、「初めてだから、、」といわれましたが、

構わず生で先っちょを入れようと押し付けると、

「う~」と言って体をよじりました。

これはもしや本当か?と思い

「本当に初めて?僕でいいの?」と聞くと

「うん、ずっと好きやったから」と言ったのでとても可愛くなり、

ゆっくり入れて行くとプチンとゆう感じで頭が入りました。

歯を食いしばって我慢している顔を見ると

とてもいとおしくなりギュと抱きしめゆっくりと根元まで入れました。

最初はとても痛がっていましたが、

途中からは元々濡れやすいのか

自分のあそこがベタベタになる位濡れて感じているようでした。

暫くピストンしながら生の感触を味わっていると、

だんだん射精感が高まってきて、

「そろそろいくよ」と言うと

「うんうん」と感じながらもAちゃんはうなずき、

そろそろ抜いてお腹に出そうとすると、

ギュウと自分を抱きしめてきて抜けないので

「中ででちゃうよ」

と言ってもひたすらしがみついてくるので勢いに任せて

「うっ」と声を出しながら思いっきり中に出してしまいました。

暫く入れたまま抱き合っているとふっと我に返り

「今日は大丈夫なの?」と聞くと

「初めてだから解らない」

と言ったのを聞きサーと血の気が引きましたが、

そのときは気持ちよさに負けてしまい、どうでもよく感じました。

その後一緒にお風呂に入り、お互いに洗いっこして朝まで一緒に眠りました。

朝起きてシーツを見ると赤いシミがついていました。

そしてAちゃんは恥ずかしそうに服を着替え支度をすると

「いってくるね」と仕事に行き、自分は

「また」と一言いって家に帰りました。

その後もし妊娠したらどうしようと心配で暫くドキドキしていましたが、

「きたよ」と電話が入ったので胸をなでおろしたのを覚えています。

その後Aちゃんとは縁がなかったのか会っていませんが、

あんなに気持ちのよいセックスができたのは

後にも先にもないのですごくいい思い出です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする