スポンサーリンク
新着記事

ソコ触られると止まんなくなっちゃうよぉ・・【セックス体験】

初めまして、ナオミと言います。

かなり前ですが、告白しようかな―とここへ来ました。

あれは、大学卒業の日です。

仲良しだった友達と泣きながらお別れを告げていました。

その輪の中に、今回の初体験相手、駿耶がいました。

とうとう帰る時間になった時、駿耶から、「電車で帰るの面倒くさいから、どうせなら一緒帰る?」と誘われてしまいました。

私は、少々期待しながら、スゴスゴと駿耶に着いていくのでした。

電車に乗ると、駿耶と世間話やら先輩の話やら就職はどうか・・など話し始めます。

『こりゃ、なんにもないだろうなぁ・・』と私も期待をなでおろしていきます。

ですが駿耶は降りる駅の一つ前で「やりたい事があるんだ、ちょい降りてくれる?」といわれ、まさか!と思い付いていく事にしました。

(尻軽だなぁ)

私の予想通り、駿耶はホテル通りをフラフラと歩きます。

わかっているのですが、わからない調子で「ねえ、ホテル街だよぉ?したい事って何?」と聞きます。

駿耶は『わかってるくせに』って言わんばかりに、ニヤリと笑って、「何したいかわかるでしょ?ナオミが好きだよ」と耳元で言うのです。

ビックリしちゃって私のアソコはもうびっちょびちょ。

すると駿耶の手が、股の方へとのびてきます。

そして、アソコあたりをさするのです。

「やめて、やめてよ駿耶!」と必死で押しのけようとしますが、心の中では「やめないで」と思っているのです。

「ホテル入ろうか・・処女?」

「え・・?あ、うん」と素直に受け入れてしまいました。

近くにあったホテルに入って、チェックイン!早速部屋に入りました。

すっごい勢いで駿耶は私の服を脱がしてきます。

そして、おっぱいをモミモミモミとします。

もう一方の手で、アソコを触ります。

「ぁぁ、だめぇぇ、やんっ駿耶だめぇぇん」と気持ちよがっていました。

すると、アソコを触っていた手の指二本をアソコに突っ込みます。

そしてゆっくりゆっくり、だんだんとペースをあげて突いてきます。

「ナオミ気持ちいの?ナオミのオマンコグチュグチュだぁ・・Hなんだねぇ」といわれて、さらにアソコは大洪水。

やっと終わった・・って思ってベットにぐたぁってなってると、股を開いてクチュクチュ舐めます。

「ぁっ、イヤン・・あぁきもちい・・」

「あぁ・・ナオミのジュースおいしいよ・・」あんまり気持ちがよくて気が遠くなりそうでした。

すると駿耶のち○ぽを出して、アソコにゆっくりと入れていきます。

不思議に、あまり痛みは感じられません。

ちょっとヒリヒリする程度。

全部入ったところで、ピストンがスタート!パンパンパンって言って、気持ちがよすぎて、もう半分は目を閉じていたと思います。

気を失ったのかどうかわかりませんが、気がつけばベットにグテッと横たわっていました。

「大丈夫、外に出したから」といわれ、終わったんだなぁとホッと一息つきました。

そして、駿耶の胸に抱かれて、沈黙が続きました。

すると不意に駿耶が「ねぇ付き合おうよ。これよりもっと気持ちよくするよ」といわれ、私たちは付き合うことになりました。

暇があれば駿耶に気持ちよくしてもらい、嬉しいあまりです。