スポンサーリンク
新着記事

大学の時、バツイチ熟女に溺れたエッチな放課後【エッチ体験】

大学生の時だった。

バイト先のレストランの皆でディスコに行った。

でも躍れない から壁際で酒飲んで躍ってる皆をぼんやり見てた。

当時好きだった同じ歳のAちゃんは先輩と楽しそうに踊ってた。

「来るんじゃなかったな〜」

と思っていたら、 バツイチ32歳のSさんがチークに誘ってくれた。

おぼつかない足取りで抱き合って躍ってた。

時々、人と人の隙間にAちゃんの笑顔が見えた。

「あ〜あ、これがAちゃんだったら、とSさんを見たら何か可愛い」

店ではいつも着物だったが、この日は肩の出た大胆な(と俺には見える)ドレスだった。

ちょっとドキッとした俺は怒られるかなと思いつつキスするふりして顔を寄せた。

すると彼女はよけようともしないのでキスしちゃった。

しかも舌を入れられた。

キスは初めてじゃないけれど、上手なキスにクラクラした(射精しそうだった)。

そして2軒目に行こうという話しになった。

何となく後ろめたくAちゃんの顔が見れない。

そして2軒目に行く途中(Sさんと並んで歩いてた)、 Sさんが「あっ、忘れ物」

と言った。

皆に遅れて行くと告げて、近くのSさんのアパートについて行った。

「ごめんね。付き合わせて」

「ううん」

彼女の家の玄関に入った時、さっきのキスはどういうつもりだったんだろうと思って、今度は冗談半分で無理やりキスしてみた。

また舌が入ってきた。

肩の出たドレスって便利、背中のジッパーを降ろしたらドレスは全部足元に落ちた(彼女はパンティ1枚の姿になった)。

両手で胸を隠す彼女。

俺は黙って、お姫様抱っこしてベッドの彼女を連れて行き ベッドに転がした。

ベッドに転がされても胸を両手で隠している彼女。

彼女の両手がふさがっているのをいいことに俺はパンティを下ろした。

草むらがあらわになった。

そして自分もTシャツとジーンズを脱いで、ゆっくりと彼女の両手を解いた。

形よいバストが顔を出し、ツンと立った乳首が震えているように見えた。

そして彼女の両手を広げて抑え、胸に顔をうずめた。

乳首を口に含むと「ん」と彼女は声にならない声を出して顔をそむけた。

手で顔をこちらに向けて、もう一度キスした。

そして首筋へ、また胸へ、キスを繰り返した。

そして、下腹部に手を持っていって、指でいじるとトロトロに溶けていた。

愛撫をくり返して、挿入・・・。

腰を動かしながら、何度も彼女の唇を吸った・・。

そして彼女の中で果てた。

翌日「何で来なかったんだよぉ!!」

と皆に訊かれたが「別に」

と答えた。

誰も僕とSさんのことを疑う人はいなかった。

Aちゃんとも普通に話してた。

俺はそれから毎日Sさんの家に行き、狂ったように求め愛し合った。

精液まみれ愛液まみれの毎日だった。

Aちゃんに時々、「どっか遊びに行こうよ」

などと誘われたが、適当に返事してSさんの家へ直行。

そしてセックスに狂ってた。

やがて卒業して帰郷。

Sさんとも自然に切れた。

ある日、Aちゃんから手紙が来た。

「結婚することになりました。今だから言うけれど、あの頃あなたのことが好きだった。あなたが卒業して、失恋しちゃったから毎日泣いてた」

とあった。

ううん。

そうだったんだ。

それで 「俺もAちゃんが好きだった。この結婚で今度は俺が失恋だね。おあいこだね。さよなら。お幸せに」

と返事書いた。

やがて俺も結婚した。

AちゃんはSさんは今どうしているだろう・・・・。

時々そんなことを考える。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする