スポンサーリンク
新着記事

清純そうな顔して、同じサークルの奴にSEXしようって誘うなんて、とんでもないヤリマン女だったわ【セックス体験】

俺が大学生の時に、アウトドアサークルに入っていた

それで4年生の時に、2年後輩に映子という彼女がいた。

彼女は、芸能人で言うと、

酒井美紀に似の小柄な可愛らしいタイプのJD。

その日は、サークルの定例会

とは言っても、一通りの活動報告が終わると

飲み会に変貌するという、

サークルの恒例行事だった。

それは、大学の合宿所を借りて

夜を徹して行われるのが通例だった。

「かんぱ~い」

威勢の良い掛け声と共に、

定例会は、飲み会タイムに突入した。

それまで行儀良く整列していたメンバー一同は、

4~5のグループに分かれて、思い思いに酒盛りを始めた。
俺は、映子とは別の集まりに陣取った。

他のメンバーに変な気を使わせないように、

サークル活動中は、

なるべく余所余所しくするのが、

俺たちの間での約束事だったのだ。

2時間ほどが経過した。

俺は、それとなく映子のいるグループを盗み見た。

「アチャー・・・相当酔ってるぞ、アイツ」

映子は顔を真っ赤にして、

半分ロレツの回らない状態。

それをいいことに、正面に座った

ヤリチン風新入生の藤田が、ガンガン酒を勧めてる。

映子も、わけわかんなくなってるのか、

「イヤダー」

とか言いながら藤田の背中を

バシバシ叩いたりしてる。

「そろそろ、潰れ部屋へ

連れてったほうがいいな」

合宿所には、大広間とは

別に6畳ぐらいの和室(通称:潰れ部屋)があって、

酔い潰れた女子部員は、

その部屋で、先輩の女子部員に

介抱してもらうことになっていた。

この日も、既に3人の女子が、

潰れ部屋送りになっていた。

丁度その時、俺は尿意を催した。

トイレから帰ってきたら、

映子を潰れ部屋へ連れて行こうとしてたのだが

「あれ?小原(映子の苗字)は?」

トイレから戻ってきた俺は、

素っ頓狂な声をあげた。

「さあ・・・トイレじゃないすか?」

と、後輩。

んなバカな、俺がトイレから帰ってくる

途中に映子とは会わなかったはず

ふと見ると、藤田もいない。

嫌な予感がした。

「俺、ちょっと外探してくるわ」

「あ、先輩、自分も手伝うッス」

俺と一緒に飲んでいた

後輩2人が俺に従った。

部室、駐車場、テニスコート、

講堂、俺達は、彼らの居そうな

所を手当たり次第に探し回った・。

携帯にも掛けてみたが、

呼び出し音はするが、出る様子は無い。

「駄目だ、みつかんね~!!」

「藤田の車はあったから、

大学の外へは行ってない筈なんスけどねえ」

「合宿所に戻ってみるか」

「そうスね、酔い覚ましでちょっと

散歩しただけかもしれないスからねえ」

そうだったら良かったのだが

俺と後輩2人は、

合宿所の前迄戻ってきた。

すると

「ん?」

合宿所の隣の茂みの辺からガソゴソ音がする。

俺は、嫌な予感を抱きながら、

茂みの方へと歩を進めた。

「オマエ、何やってんだ!!」

そのときの光景は、

今でも目に焼き付いている。

左膝に引っ掛けられた

レモンイエローのパンティーの上で、

味わうようにゆっくり

ゆっくり腰を振っている藤田

奴も、酔っているのか

、しばらくは気がつかなかったようだが

ふと我に帰ると、

ハジかれたように映子から体を離し、

土下座を始めた。

「ごめんなさい、ごめんなさい」

今更そんなことされても、もう遅い

と言うか、映子から体を離したとき、

ギンギンに勃起したままの奴のイチモツが、

映子の愛液でテラテラ光っていたのを、

俺は見逃さなかった。

相当酔っていたせいで、

何が起こったか映子は、

まだ気付いていないようだった。

「あ~ん」とか、「う~ん」とか

半分寝ぼけた声をあげているだけだ。

そして、見慣れた白い腹、

その下の薄目の恥毛

こんな状態で目にしたくはなかった

俺たちの後ろでは、

後輩2人が藤田をボコボコにしている所だったが、

そんなことは、どうでもよくなっていた。

俺は手早く映子に服を着せると、

合宿所に入り、潰れ部屋へ直行した。

次の日の朝、合宿所の洗面所で、

映子と顔を合わせた。

昨日のことは触れないほうがいいと

思ってはいたのだが、

どうしても聞かずにはいられなかった。

「オマエ、昨日のこと覚えてるか?」

「う・うん・・・・何となく」

歯切れの悪そうな

映子の口から出た言葉は、

意外なものだった

「私、藤田クンに悪いことしちゃったな」

「はあ?」と、俺。

「あの・・・・だって

半分私が誘ったようなもんだし」

怪訝な顔をしている俺をチラっと見て、

彼女は言葉を続けた。

「昨日さあ

外行こうって誘ったの私なんだ・・・」

この時の俺は、客観的にみて、

相当間抜けな顔をしていたに違いない。

「あ、あの・・・俺・・・彼氏」

自分を指差した俺は

間抜けなピエロだったよ全く。

完全に裏切られた結果になった

結局、それ以来、

映子とはギクシャクして、別れてしまったが、

女は、怖いねえ

例え清純そうな顔してたのに、

彼氏がいるのに、わざわざ同じサークルの奴を

SEXしようって誘うなんて

とんでもないヤリマン女だったわ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする