スポンサーリンク

コンドームを常に用意している天然な淫乱女子大生に顔射【エッチ体験談】

あれは冬の寒い時期

サークルの先輩から飲み会の誘いがあり行く事になった

先輩はバイト先の仲間と飲んでいるらしい

まったく先輩の仲間たちと
面識のない僕は1度断った話だったが、
半強制的に参加させられることになり、
行きにくかった俺は時間を遅らせて
(遅刻)して飲み会が開かれている居酒屋へ向かった。

飲み会の居酒屋は個室で、
最初から飲んでいる人たちは半分出来上がっていた。

居酒屋には俺を含めて男が3名、女性は2名。

合コンですか?
と言わんばかりの雰囲気

そこにAがいた。

外見は普通(可もなく不可もなくといった感じ)性格は明るく、
かなりの天然な女の子

話を聞く感じでは、昔から真面目で
高校も進学校、大学も良い大学を卒業して、
現在はさらなる勉強をするため他の大学校へ
といった勉強大好き真面目さんだった。(俺とは大違い)

一次会二次会と終わり、で解散!

俺は先輩などを見送った後に
タクシーを呼び帰ろうと思ったら、タクシー乗り場にAが

田舎町だからタクシー乗り場も1カ所。

週末ということもあり長蛇の列。

そこでAと話しながらタクシーを待っていると、
帰宅方向も同じということで一緒にに乗るハメに。

強引にタクシーのおじさんに乗せられる

そしてなぜか彼女の家で飲み直しをすることに

彼女は1人暮らし

あまり気が乗らなかったが、先輩の仲間だし

先輩の顔を保つためにと思い合意。

コンビニで酒とつまみを買い、そのままA宅へ。

最初は他愛のない会話からなぜかエッチな話へ

「俺さんってエッチ好き?」

「好きだよ。男でエッチ嫌いな人なんていないでしょ」

「最近ご無沙汰でエッチしてないなぁ~。俺さんは最近いつした?」

「仕事も忙しかったし、かれこれ3カ月くらいはしてないなぁ~」

「そうなんだ」

すると、Aがズボンの上から俺の息子を触り始めた。

「やめてよ。大きくなるじゃん」

「大きくしてるの。俺の見せて」

「いやですw」

「いいじゃん。けち」

と言いながらAの手はパンツの中へ

生チンコを握ってくる

さすがにやばいと思った俺は

「ほんとダメです」

と断ったがAの耳には届かず、手こきスタート。

そしてAは俺のズボンを脱がし、
フェラスタート

最初は手も使って行っていたが、
しばらくして口だけで行いながら
自分で服を脱いで全裸になった。

「俺さんのち○ぽ大きい。
あごが痛くなる。だからAのおまんこにいれていい?」

「ゴムがないからダメ。生はいやだ」

「ゴムならある」

と言って押入れからゴムが

Aのおまんこもすでに洪水でも
起こしたのかと思わせるように濡れている。

さすがに腹を括った俺はゴムをつけ正常位で挿入。

正常位→バック→騎乗位→バック。

「気持いいーもっと、もっと」

もう淫乱女状態だった。

バックで激しくついて、
いきそうになった俺は

「もういく・・・」

「いくなら顔射して、精子をかけて」

「いく・・・」

とAの望み通り顔射。
顔射後はお掃除フェラ。

その関係があった後からAは俺のセフレになり、
俺の要求はなんでも聞くようになった。

今度はパイパンにしてやろうと思っています。

そしてその内に目隠し3Pも考えています。

まだまだAとの関係の話はありますが、
その内書き込みたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする