新着記事

アラサーOLのスワッピング体験談【セックス体験】

私は妻を他人に犯させました。

私はついに取り返しの付かないことをしてしまったんです。

私の妻は32歳で仕事をしているせいか人からは歳より若く見えるといわれ、私が見ても容姿は人並み以上だと思っています。

そのせいか私は以前から妻にミニスカートを履かせたりブラジャーのラインが透けて見えるブラウスを着せたりして男性が妻を見ているのを見るのが刺激だったのです。

でも数年前からそんな刺激がどんどんエスカレートして行ってしまったのです。

皆さんはこの気持ちが理解出来るでしょうか? 実は私は妻が他の男性に犯されるのを見てみたい、妻が抵抗してもレイプされているのを見てみたいと思い始めたのです。

こんな妻の愛し方が有るのでしょうか? 私は今でも妻を愛しています。

これは事実です。

自分で始めたことですし、妻には罪は無いのです。

正直に言って今でも、あの事を思い出しては嫉妬と刺激で苦しんでいます。

その事を告白します。

理解してくださる方、否定される方、ご意見をお聞かせください。

あの事が始まる数年前から私は妻とのセックスより妻が犯されるシーンを想像してオナニーする事が多くなってしまいました。

だんだんとその気持ち高まり、妻とのセックスの中で妻にその状況で犯されている雰囲気を出して欲しいと要望しました。

初めは嫌がっていましたが興奮が高まってくると「あ~だめ~、お願いやめて、いや~」と無理やり犯されているような声を出してくるのです。

私はその声、逃れようと抵抗する妻を見て興奮し、第三者となって妻を犯している状況を想像し、果ててしまうのです。

その刺激が私の欲望に火を付けてしまったのです。

もう我慢が出来なり理性は失せ決心してしまったのです。

そして行動に移しました。

以前からお酒を飲んだときにそれとなく他の男性に抱かれることについて話してみましたが、妻は絶対に嫌だと言っていましたので通常では私の欲望は果たせません。

私はインターネットでスワッピングの事項から、ある夫婦とコンタクトを取ったのです。

その夫婦は同じ30代でスワップについては経験が多いとのことからご主人に相談しました。

ご主人には、スワップはあくまで夫婦同意の上で成り立つものであり無理やりでは夫婦関係にひびが入ると言われたのです。

何度かメールのやり取りで、旅先で偶然知り合ったことにしてその方向に持っていこうとなったのです。

そして、とうとうその日がやってきたのです。

出会いまでの話は省略させていただきます。

お互いの夫婦はホテルのレストランでのお酒などで話が盛り上がり深夜のバーでもお酒を飲み、部屋で話をするように持っていったのです。

部屋での会話中も私は興奮と不安で心臓は破裂しそうでした。

話の内容は打ち合わせ通り刺激的な話を私と先方夫婦で交わしたのですが妻もお酒のせいか会話は結構盛り上がったのです。

そしてその時が来ました。

さすがに成れているのか相手夫婦が雰囲気から違和感なくキスを始めたのです。

舌を絡めた濃厚なキスは唾液の絡むいやらしい音を立てながらご主人の手は奥さんのブラウスの上から胸を揉みはじめたのです。

妻は初めは唖然とし何も言わず顔をそらしたのですが私は妻の顔を私の方に向け少し抵抗するのを無理やりに口付けし、舌を挿入したのです。

「だめ」と言葉にならないようなくぐった声がこれから始まることの想像を掻き立てていったのです。

相手の悶え声を聞きながら私は妻のブラウスの上からバストをやさしく揉みはじめると妻も感じてきたのか喘ぎ声を出し始め、ボタンを一つづつ外しブラジャーの上から感触の良い胸を愛撫したのです。

妻は悶えながら「変になりそう」と言葉にならない声で私に語りかけて来たのです。

私はゆっくりと時間をかけて愛撫をしました。

私は妻のブラウスや下着を脱がしません、それは相手にして欲しかったからです。

それを見たかったからです。

どのくらい時間がたったでしょうか。

やはり心のどこかに本当にこんなことして良いのだろうかと葛藤はありました。

相手のご主人は私の合図を待っていたのです。

私は葛藤の中、とうとう合図を送ってしまったのです。

もう取り返しがつかなくなってしまったのです。

私は妻の右横で頭の下から左手を固定しキスで口をふさぐと相手は左から妻の左胸を優しくもみだしたのです。

妻はまだ状況を理解していませんでした。

私はとうとう他人が妻の胸を触っているのを見てしまったのです。

妻がこの状況を知ればある程度は抵抗するのは分かっています。

私はこれからその妻を犯されやすいように自由を奪わなけれぱならなく なったのです。

そしてその時は来ました。

妻は私以外の男に触られているのが分かったのです。

口付けをしているため声にはなりませんが目を強く閉じ頭を左右に振り抵抗しているのは分かりました。

潜った声で「やめて、お願い、だめー」と理解できました。

男はブラウスのボタンを全部外し、ブラジャーの上から強く揉んで、そしてブラジャーの中に手を入れたのです。

妻は抵抗しながらも海老ぞりになり男の手から逃れようと必死になるその姿は今まで経験したことのない刺激でした。

そしてブラジャーをずらされ妻の乳頭が男の舌と口で犯されようとしているのです。

妻の乳頭はAの唇に汚され、ぺチャペチャといやらしく舐めまわす音が嫉妬と興奮で 私の尿道から先汁が出るのが分かるほどだった。

Aの口から乳頭をつたって唾液が流れるのを見ながら、もう片方の乳頭を私は貪るよう にシャブリついたのです 「あぁ、いゃ~、お、お願い、や、やめて~、あなた、やめて~」 妻は口では激しく抵抗していたが、それに反して身体は刺激の虜に成りかけているのが 分かり、妻への罪悪感がだんだんと薄れていった。

Aは乳頭を弄りながら太ももをなで回しミニスカートの中に手を入れていった。

「だ、だめ~あぁ~、そ、そこはさわらないで~」 スカートの中の手は見えかったがパンストの上から妻の秘部をいやらしい手つきで触っ ているのが想像でき妄想が余計に刺激を掻き立てていった。

妻は喘ぎながら身体を閉じようと両足を組み、腰を必死に左右に振りながらAの手から 逃れようとする姿から、私は妻であることを忘れ一人の女をレイプしている感覚になって いった。

私は今、夫婦である意識が薄れ獣として女を輪姦したいと思った。

秘部を触られまいと必死に身体を閉じようとする両足を私は自らその身体を開こうとした。

妻の身体は私の力にはかなわず、少しずつ開いていき開いた身体にAの手はパンストの 中にもぐりこみ下着の中に入っていった。

「いやゃあぁ~ぁ、だめ~、」 パンティーの中で秘部をねっとりと触る手の動きが下着の上から見るとよけいに刺激的で 私は思わず精液を出しそうになってしまった。

妻のクリトリスを中指で執拗に弄くり、時に膣の中にその指を入れているのがパンテイー の上からでも分かった。

悶え苦しむ妻を見ながら私はその妻の身体を必死になってAのために開き続け、Aも執拗 に妻のクリトリスと膣を指で犯し続けた。

Aは下着から手を抜くと何と妻の愛液の付いた指を美味しそうに舐めながら私に 妻の秘部を是非舐めたいと嘆願するのだった。

Aの言動から妻が犯される様が私の思い通りの展開になっていく興奮と犯された後の不安で心臓が破裂しそうになった。

「お前を愛している。

どんな事になっても気持ちは変わらない。

 一度で良いからお前が抱かれる姿を見てみたい」 妻の耳元で私は初めて言葉をかけた。

「だ、だめょ。

もうやめて、あなたぁ~見ないでぇ~」 硬く閉じた目元から涙が流れているのを見て私はショックを受けた。

妻への愛とは何なのか、自分だけの妻への愛も有る。

私がやろうとしている妻への愛も愛なのだろうか。

本当に妻を愛しているのか葛藤は有ったが涙を見てこれほど妻を愛しいと感じたことは無かった。

どんな事になっても妻を愛し続ける確信を今持つ事が出来、また同時に私だけの妻では無くなった気がした。

妻の秘部がAの口と舌で犯される。

今まで何度も触り、舐め、男根で犯し続けた妻の身体がこれほど新鮮 に感じたことは無く、初めての女性のような感覚に成っていった。

何年かぶりに高ぶった気持ちで妻のパンティーの中に手を入れ、触りなれたクリトリスと膣を愛撫したのだった。

既に愛液で満たされたその部分を感じ、抵抗しながらAに触られて感じている妻に嫉妬してしまった。

Aも我慢出来なかったのか、私が愛撫している中に手を入れてきた。

「ぃやぁ~、いやぁ~、あぁぁ~うぅ~」 妻はAの手首を握り必死に抜こうとしていたがかなうはずも無く、2人の指で秘部を愛撫し続けたのです。

「ご主人、もう我慢出来ない。

舐めていいですね」 私とAとで嫌がる妻のパンストとパンティーを脱がし始めました。

Aは本当に我慢出来なかったのでしょう。

妻が身体を閉じられないよう両足を開き、肩にかかげ陰茎を指で弄り ながらクリトリスをしゃぶりだしたのです。

「あぁぁ~うぐぅ」 言葉に成らない嗚咽でえびぞりになりながら妻は顔を両手で隠し悶え苦しむ姿を見て私は我慢できず射精してしまいました。