新着記事

尊敬する巨根上司に、妻を寝取られ、完全に敗北し号泣した夫の話【エロ体験】

「部長!もっとビシッと呑んでくださいよビシッと!」

「おい岸田、お前明日仕事する気ないだろ」

「明日は明日!ほら、コレ飲んでくださいコレ」

苦笑しながら俺の注いだ焼酎を飲み始めたのは、

俺の勤めている会社でも、仕事にかけては

1、2の豪腕と噂される、上司の堂島隆一部長その人である。


安心・信頼・15年の実績。サクラは一切居ません。完全素人出会い&投稿画像ランキングは超過激!
会員数100万人★ワクワクメール★

俺は、先月から憧れの彼のもとで働ける事になったのだが、

実際職場を共にしていると、その仕事の腕だけで無く、

器の大きさ、意外とシャレのわかる所、

そして、酒では一度も人に負けた事の無い俺を

あっさり轟沈させてしまった健啖ぶりに、

すっかりほれ込んでしまった。

彼も俺の事を、いまどき珍しい仕事熱心な男だと気に入ってくれ、

週に2・3回は一緒に飲み歩く仲にまでなった。

今日もプロジェクトのメンバーで酒を大量に飲んだ後、

タクシーで送ってくれた部長を、少しだけとムリヤリ家に引っ張り上げ、

二人で呑み直し始めた。

部長が俺の家に来たのは初めてだが、

学生時代ラグビーで鍛えたというがっしりとした体をソファに横たえ、

ゆったりとくつろぐ姿はさすがの貫禄であった。

「もうあなた、部長さんにご迷惑でしょう」

と妻の香織が心配顔で俺たちの様子を見守っていたが、

部長は鷹揚に笑っているだけだった。

香織は、俺の高校時代からの同級生で、

同じ大学に進学してから付き合いを始め、

俺が社会人になってがむしゃらに働き、

自分の仕事に手ごたえを感じるようになってやっとプロポーズし、

1年半前にめでたくゴールインした。

彼女は、あまり自分から前に出る事の無いおとなしい女性だったが、

決して暗いという訳ではなかった。

そのほっそりとした手を口にあてて柔らかく笑う姿は、

周りの者を癒すような、不思議な温かみに溢れていた。

実は、部長を家に引っ張りあげたのは、

正直自分には過ぎた女性だと思う彼女を見てもらいたいからでもあった。

俺は、部長と何かを話す、彼女のいつもの温かい笑顔を見ながら、

心地良い酔いに身を沈めていった…

気がつくと、俺はソファーの上で寝ていた。

体にはタオルケットが掛けられていた。

時計を見ると、午前2時を回っていた。

さすがにグルグル回る頭を抱え、水を飲もうと起き上がると、

真っ暗なキッチンに、パジャマ姿の香織が座っていた。

俺は声を掛けようとして、彼女が、

俺が今まで一度も見たこと無いほど疲れきった表情をしている事に気がついた。

「香織どうした。体調でも悪いのか」

と俺が聞くと、

「別に…」

と呆けたような表情で答える。

「突然お客さんを連れ込んで大騒ぎしたから、ビックリしちゃったかな。ゴメンな」

と俺が言ったが、彼女は無反応だった。

俺は少しムッとして、

「そりゃ急に連れて来たのは悪かったけど、前に言った事あるだろ、俺が心から会社で唯一心から尊敬できる人なんだ。その辺は分かってくれるよな」

「…でも」

「いや、そんなに頻繁にはつれてこないし、これからはあらかじめ電話も入れる。ただ、いやらしい言い方だけど、俺の将来に直接影響がある人でもあるんだ。な、いいだろ?」

というと、彼女はまた黙ってうつむいてしまうのだった。

その時感じていた、彼女の様子へのわだかまりも日が経つにつれ薄れ、

酒を呑んでテンションの上がった俺が、

性懲りも無く部長を部屋に引っ張り込む日が、

週に1、2回程度のペースで続いた。

もちろん、香織との約束どおり、事前には必ず電話を入れた。

彼女はいつも「そう…」とポツリと言うだけだった。

俺は部長と差し向かいでガンガン飲み、仕事を語り、

いつも満ち足りた気分のまま沈没していった。

そんなある夜の事。

俺がふと目が覚ますと、

たまたま目に入った時計は午後11時を指していた。

いつも俺は沈没すると夜中2時、3時まで目が覚めないのだが、

今日はたまたま何かの拍子で目覚めたのか。

いや違う。俺の目を覚まさせたのは、

奥のベッドルームから響いてくる異様な声だった。

腹の底から搾り出されるような、

悲鳴とも、叫びとも、泣き喚いているとも思えるような声。俺は、

聴いた瞬間にそれが誰の声かは悟ってしまったが、

俺の頭の中の、ひっそりとした、だが本当

に美しい花のような佇まいと、部屋の置くから響いてくるその声を、

どうしても結びつける事ができなかった。

寝室に一歩一歩近づきながら、

おれはなぜか香織のあの笑顔を思い出していた。

だが、半分開いたままの寝室のドアから、その中の光景を見た時、

その笑顔は粉々に砕け散った。

俺と香織がいつも愛を囁きあっていたダブルベッドの上に、

浅黒く引き締まった体つきの男が素裸のまま仰向けで寝ている。

彼の股間からは見たことの無いほど巨根が隆々とそびえ

立っていた。その剛直に深々と刺し貫かれ、

獣のような声をあげていたのは、紛れも無く妻の香織であった。

彼女の、いつも慎ましやかに閉じている肉ヒダは、

いまや真っ赤に充血しながらその厚みを増し、

男の節くれ立ったペニスの抜差しのたびに、

モミクチャされながらその形を変えていた。

その一突きごとに、グボッ、ジュボッという聞くに堪えない淫猥な音ととともに、

多量の淫水が辺り一面に飛び散りながら溢れ出てくる。

ネットリと白く濁ったその粘液は、

俺とのセックスで彼女が分泌するサラッとした透明なものとは全く違うものだった。

彼女は自ら腰を激しく振りたて、

男の剛直を少しでも奥に飲み込もうと必死のようだった。

スレンダーな体からは想像しにくいボリュームのあるバストが、

乳首をピンと立たせながら激しく揺れている。

俺はもう立っていることができず、その場にガックリと膝をついてしまった。

その気配で気付いたのか、部長が

「おう、岸田、起きたか」

と事も無げに言ったかと思うと、

「もう少しだけ待っててくれ」

と言いながら、大きな手で香織の細い腰をぐっと掴むと、

妻がいくらがんばっても3分の2位しか収められなかったペニスを、

ほぼ根元まで力強く打ち込み始めた。

彼女は、喘ぎ声というよりは叫び声をあげながら、

必死で部長の逞しい体にしがみつく。

彼女の小さな花びらが、淫水を撒き散らしながら、

必死で彼の剛直を飲み込もうとしている。

部長がその香織の耳に

「いいよ、いつもどおり呼んでくれ」

と囁くと、彼女は堰を切ったかのように

「り、りゅういちさん、アアッ、すごい、奥、奥に、壊れます、私、りゅういちさん、アヒィーッ」

と彼の名を叫びながら、ガクガク体を痙攣させ始めた。

部長の動きも一段と激しくなり、やがて「ウッ」と呻きながら、

まさに根元の根元までペニスを突き込んでその動きを止める。

香織も、か細い悲鳴を上げながら体をのけぞらせ、

やがて彼の体の上にガックリとそのしなやかな体を横たえた。

しばらくは荒い息のまま動かなかった二人だが、

やがて部長が香織に優しくキスをし、その体を自分の横にそっと寝かせた。

彼女の秘部からズルリと抜け出たペニスは、放出後にもかかわらず、

今だにその硬度を保っていた。

その横に、両手で顔を隠すようにして仰向けに横たわっている香織は、

しどけなく足を開いたまま、

ヒクついて閉じきらない肉門から、

二人の体液が白濁して交じり合ったものを、ときおりゴポリ…

ゴポリ…と流し出していた。

俺は、床に崩れ落ちたまま。振り絞るようにやっと言葉を発した。

「…お、お前ら…どういう事なんだよいったい」

「見てのとおりだ」

「ふざけるな!」

「いや、からかっているつもりは全く無い。もう香織さんは、身も心も私のものだ」

俺は、目の前が怒りと絶望で真っ暗になるのを感じていた。

彼はスーツからタバコを取り出し、深々と一服してから話し始めた。

「最初に君の家に呼ばれたとき、私は香織さんを見て衝撃を感じた。いい年をして、と言われるだろうが、まあ一目惚れってやつだ。言っとくが、別にいつもこんなって訳じゃないぞ。彼女が特別すぎたんだ。で、まあ酒の勢いもあったかもしれんが、私はその場で彼女を犯してしまったんだ。だが、事が終わって私は心底後悔した。青ざめて、とにかく出て行ってくれという彼女に、とにかく言葉を尽くして自分の気持ちを訴え続けた。話しているうちに思わず気持ちが高ぶってしまい思わず彼女を抱きしめてしまったが、彼女は震えていたものの、抵抗はしなかった。もう私を止められるものは何も無かった…」

彼はタバコをもみ消して続けた。

「岸田、お前は将来かなり仕事が出来る男になるだろう。だが、お前は香織さんを包み込める器までは持っていないようだ」

「な…なにを勝手な」

「私は違う。十全に仕事をし、十全に彼女を愛する事ができる。お前にはすまなかったと思っている。だが、彼女をくれないかと問う事は無い。さっきも言ったが、彼女はもう私のものだからだ」

おれは身震いしながら、彼に寄り添い、

ずっと目を伏せたままの彼女に語りかけた。

「なあ…香織…ウソだろ…なにか、ほら、写真を撮られて脅されてるとか…そんな…」

彼女が身を起こして僕を見つめた。

いつものあの優しい顔立ち、

だが、その目に宿る強い光は俺が全く知らないものだった。

「あなたが本気でそれをおっしゃってるのなら、もう私から申し上げる事はありません。私があなたを愛していたのは本当です。あなたが一生懸命がんばっているのを支える事が私の幸せだと思っていました。でも、ごめんなさい。彼の逞しい腕に包まれて引っ張り上げられた時から、もうあの時の私はいなくなってしまったの。…今まで本当にありがとう…ごめんなさい」

もう頭は真っ白だった。

他にする事も思いつかず、とりあえず俺はトイレに駆け込み、

体の中の物をすべて吐き出した。

部長のもとで、俺の仕事はまさに絶好調だった。

近々昇進があるとの内示もあった。

彼は、自分についてくる限り、俺のキャリアは安泰との事だった。

「俺の将来にカンパーイ」

と、俺はテレビを見ながら、

グラスのウイスキーをストレートで飲み干す。

さっきトイレに行ったとき、バスルームのすりガラス越しに、

部長が香織を軽々と抱き上げ、激しく突き上げている様子が見えた。

香織は息も絶え絶えに、今彼のペニスがどれほど彼女を拡げているか、

どれほど深く貫いているかを口にしていた。

俺が二人の情事、寝取られセックスを目撃したあの日から、

部長は2日と置かず家に来ては、数時間香織を貫いては帰っていった。

俺の目に直接つかないようにしてはいるが、リビングで、キッチンで、

ベランダで、あらゆるところで二人はセックスをした。

俺は再びウイスキーをグラスに並々と注ぎ一気に飲み干そうとしたが、

途中でむせ返ってしまい、

カッとしてグラスを壁に叩きつけた。

気がつくと俺は泣いていた。堪えきれない嗚咽が口からあふれ出す。

だがそれは、テレビから流れてくるラブソングや、

家の奥から聞こえてくる香織の喘ぎ声同様、

誰にとっても特に意味のあるものではない様だった。

号泣し続け、何もかも失った瞬間だった


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする