スポンサーリンク
新着記事

性欲の強いキャバ嬢とのアフター【エッチ体験談】

酔っ払ってるときに女の子が近くに来ると、すーごい性欲高まるんだけど、 女もそうなんかな。

お持ち帰れてないんだけど、なんとなく泥酔っ子とむにゃむにゃした話。

去年、寒くなったばっかりのころ、半年くらい通ってるキャバの女の子と、最近カラオケ行ってない、 みたいな話になって、じゃあ、店終わったら行こう、となった。

その時点で、彼女は相当飲んでるはず。

もともとざるなので、席毎に飲みかけのワイングラスがあって、 総量はちょっと分からないんだが、9時からの出勤で、深夜2時までずっとワイン飲んでたらしい。

当然カラオケに入ったときにはもうすでにろれつが回ってない感じで、俺が歌っている間も、 起きてるんだか寝てるんだか分からない状態。

自分の曲が掛かると、むくっと起き上がるので、爆睡中ってわけではなさそうだったが、 それでも何回か繰り返してるうちに、反応しなくなった。

シートの上で斜めに座って、完全にしなだれ状態。

いっそ横になってしまえばいいのに、 と思い、すぐ隣に座って、大丈夫かー?寝ちゃっていいぞー?とか言いながら、 肩に手を掛けて顔を覗き込んでたが、しばらくすると、「もう無理」

とかなんとかいいながら、 ずりずりとにじり寄ってきて、そのまま俺にしなだれかかって来た。

「いや、何々、どした。気分悪いか?」

とか返しながらも、ちょっとどきどき。

多少太めのむっちり巨乳ちゃん(店でのあだ名がドラミ)だったので、のしかかれると、かなり重いが、 でもその重さがまた、なかなかいい感じ。

10近く年の離れた女の子の体温と、髪の毛のいいにおいに、おじさんすでに半ボッキwwww 「お前、ぽっちゃりだから、重いよ」

とか言いながら、ちょっと体勢を入れ替え。

「ぽっちゃりじゃねーし・・・」

と半分寝言で反論しているその子の身体を支えなおす。

しなだれ掛かって来る彼女の上半身を膝の上で抱きかかえるようにして、 頭を右腕で支えならが、右手は彼女の胸元近くに伸ばしてみる。

左手は腰を抱くような感じで、おなかの方にそっと添えてる感じ。

この時点で、俺的にはそれまでの彼女とのやり取りの中で、最密着状態。

いままで二の腕や太もも、腰くらいをさわさわしたことはあったが、こんなにガッツり抱きかかえるみたいな状況は、 当然店ではありえない。

ほんとだいじょぶかよ、めずらしいね、お前がそんな酔っ払うの、とか声を掛けると、 「だって○×がむにゃらってぬくし・・・」

と意味不明な愚痴ともなんとも判別できない返事。

聞き取りにくいのを口実に、身体を前に倒して、彼女の身体を包み込むようにしながら、 彼女の耳元にささやくようにして会話。

ちょっと視線をおろすと、馬鹿でかいおっぱい♥とおいしそうな二の腕。

彼女の左手が、俺の内腿に掛かっているが、その手がいやに熱い。

ジーンズの上からでも、その手の感触が気持ちいい。

なんか彼女が指を丸めたり、すりすりしたりするたびに、ぞくぞくとした感覚が上がってくる。

我慢できなくなって、思わず、髪の毛にキス&髪の毛に顔を押し付けて、クンクン。

「んにゃだー・・・」と暴れる彼女。

が、ちょっと身もだえする程度だったので、そこまで嫌がってないと判断。

「ね。ためしにおっぱい触ってみてもいい?」

もう、ほんと耳元ぎりぎりくらいのところで囁くように、提案。

「やだ」

「なんで、いいじゃん」

「や、だ」

「まじで?」

「まじ」

とか会話しながら、すでに、右手の指先で、かるく彼女のおっぱいをこちょこちょ。

「ね、一瞬だから。いい?」

こちょこちょ。

「んー、にゃ」

とかいいつつも、無抵抗。いけると判断。

腰に回していた左手で、彼女の左の乳房を、かるく握ってみた。

薄いキャミみたいなの&カーディガンのしたに、ブラのちょっと凸凹した感触。

「おっぱい触られたら、きぶんよくなるんじゃね」

「うける。ならねーし」

「だっておもそうじゃん、これ。持ち上げといてやるよ」

「つかもー、さわってるし」

「さわってないない」

「さわってるよー」

げほっと咳き込んでから「まあ、いいけど」

いいのかよ、と内心突っ込みながらも、おっぱいもみもみ。

正直ブラの上からだとあんまり感触は良くわからないんだが、 でもキャバの女の子を抱きかかえておっぱいもみもみなシチュエーションにいたく興奮www

しばらくして、結局あんまりおっぱいは触っても気持ちよくないことに気がついて、 左手をおなかのほうに移動。

裾から服の下に手を入れて、生おなかゲット。

あったかくてスベスベの肌を堪能したり、おへそにいたずらで、指入れてみたり、触りたい放題。

おしりもなでなで。

スカートの下に手を入れて、おしりの肉と肉のあわせ目をパンツの上から、 指先でくすぐるようになでなで。

ここまでくると、お互いに会話はなし。

黙って触られている彼女。

たまにもじもじするので寝ているわけではないが、「くすぐったい?」

と聞いても返事なし。

結局残り時間1時間くらい、歌わないで、軽微なエロシチュを堪能。

時間が来て電話が来たので、「延長する?」

と聞いたら、むくっと起き上がって、帰り仕度を始めた。

ずーっと乗っかられていたので、触れ合っていた場所が軽く汗ばんで、なんかすーすーする。

ボッキしたまま彼女の身体に押しつぶされてた可愛そうなちんぽの位置を直しながら、 俺も立ち上がった。

その日はそれで終了。

俺は帰りたくなくて、ちょっと引き止めてみたんだが、一眠り?したら、多少酒も抜けたようで、 もう帰る、というから、タクシー代渡してバイバイ。

店を出てから、別れるまで、ボックス内でのお触りタイムについてはお互いノーコメントw 多少物足りないが、俺的には、まあまあ充実したアフターだった。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする