新着記事

女房の本当の性癖【セックス体験談】

2年間、幼稚園の先生と不倫関係にありました。

先生といっても年は僕より3つ下です。
最初、年少のクラス担任で先生の子供らしい服装とか仕草が可愛いな~なんて思っていました。
積極的に先生と子供の話などしていたある花火大会の夜に偶然出会い、なにげに「先生、少し飲みに行きませんか?」などと冗談ぽく言うと「いいですね」。
幼稚園と違い化粧も服装もビビッとしていて、一瞬見たくらいでは分からない程の変身ぶりに僕は惚れてしまいました。
無論、地元では先生も一緒にいるのが世間体的に恐いとの事で、隣町まで出かけシットリとしたショットバーで飲み始めました。

アルコールが進むに連れて徐々に彼氏の話やHな話に成って行き淫靡ムードばっちり!
先生の乳首が立ってるのを確認後、送りオオカミに変身しました。

着やせするみたいで服の上から触った胸は以外に大きくホテルまで待てずに車にて早速始めてしまいました。

それから週に一回のペースで合うようになりお互い身体の一致でここまで来てしまいました。

ある日、家族でのお出掛け中に先生の“あぶらとり紙”が助手席の下から女房に発見され「何これ?」とにらまれもうデタラメのオンパレードで交わしたつもりでした。
・・・がその夜、僕が寝付いてから30分位して女房に突然怒りまくりながら起こされました。

「パパ、今私の呼びかけに◯◯ちゃんって言ったわ!誰なの?それ!きっとあぶらとり紙の女でしょ!」
「へ?」

何が何だか分からないまま女房は先生の名前を叫んでいた。
意識朦朧の中、それが先生と分からないようにずーと昔の彼女の名字にその名を付けて説明していた。

興奮も治まり穏やかな声になった女房に「正直にいって」と言われ、「1回だけやった」と嘘をついた。
しかし、突然激怒したので延々4時間にも渡り謝り続けた。

午前3時頃ようやく眠りについたが、次ぎに起きた時は頬を叩かれ痛みで目覚めた。
頬に手をあてがおうとしたら手が動かない、足も。
なんと大の字にタオルで縛られていた。

「ナンだこれ?」
「もう平気でいびきまでかいて寝てるの頭に来た、犯してやる!」

驚いた事に僕は裸にされていた。
女房はパジャマを脱ぎいきなり安産型の豊満な尻を顔に押しつけてきた。

息が、息が出来ない!

藻掻いても藻掻いても息が出来ずに死ぬかと思っているとすーと腰を浮かして酸素を吸わせさせて、僕が「てめ~!・・」と文句を言おうとすると、また尻で口鼻を塞ぐ、これを4~5回されて僕はもう文句など吐けなくなった。
戦意喪失状態だ。
それを見て始めて女房が口を開いた。

「もう、二度と浮気はしないと約束しなさい」

僕は素直に

「しない、絶対しない」
「嘘、今を回避するだけの嘘をついてる!」
・・・と言い出した。

あせって
「ホント、ホントにしないから。ごめんなさい」
「じゃぁ、償いに私の言うこと聞いて」

優しいトーンで話してきた。

「じゃぁ舐めて、うんと気持ち良くして」

僕の返答の前に尻が降りてきたが今度は鼻は呼吸が出来るようにである。
僕は無我夢中で舐めた。

クリトリスを攻めオマンコにも舌を思いっきり伸ばして掻き回した。
すると腰を使い僕の鼻でクリをグリグリと刺激していた。
こんな積極的な女房は始めてで娼婦のように声を上げだした。
やがて69スタイルになり僕のをただ見ているみたいだった。

「こんな事されて勃起して、あなたってマゾじゃないの?」

笑い声混じりに言われて恥ずかしかったがその恥ずかしさが新鮮で僕はますます興奮してしまった。

「あらっ、凄いじゃない、こんなカチカチになって」と、ようやく手で扱いてくれたらあっと言う間に射精の手前まで来た。

・・・が手を放し

「私お尻も感じるのよ、あなたはいじってくれないけどね。さあ今度はこっちも舐めて・・」

言われるがままに僕は始めて女房のアナルを舐めさせられた。
もう舌が疲れて動かない、射精したくて堪らない、すると腰を上げて僕の方を向き今度は胸に跨って言った。

「まだあなたと知り合う前にね、付き合っていた彼が私に攻められるのが好きで私に色々な攻め方を教えたりしてたの、その内私も攻めるのが好きになったんだけど、あなたも昔の彼みたいだわ、別れる頃には彼完全に奴隷になってたわよ。ふふふ・・」

その話に凍りついている僕を見ながら、今まで見たことのない顔でオナニーをしだした。
右手でクリトリスを弄り左手はDカップの胸を揉みし抱く、たまにその指を僕の口に無理矢理舐めさせて唾液で濡れた指でまたクリトリスへと・・・。
僕は焦れったくて早くチンポを扱きたいのに・・・。

「敬子、扱いてくれ、堪らないよ~」
「だ~め、見てなさい、私が先にイクの」

じっと我慢してようやく女房がイッた。
僕は「さあ今度は僕のを弄って!」というと妖艶な微笑で何も言わずに扱きだした。

「あぁ~気持ちイイ!」

するとパチンとチンポが叩かれた。

「イテッ!」

そしてまた扱き、気持ち良く成ってくると痛みと、その内に叩いてばかりになり、僕が「痛い!」と言う口をまた騎乗で塞いできた。
そしていつの間にかその痛みで射精してしまった。
女房は声を出して笑い・・・

「ほら、ぼく~気持ちよくなったでしょ、」

「さぁ今度はおっぱい飲みなさい」

・・・と胸を擦り付けてきた。

夢中で吸ってるとまたもや勃起した。
淡泊な僕は1回でいつも寝てしまうのに自分でも驚いているところにまたもや痛みの刺激を与えて来たのだ。
この変貌ぶりと未知なるSEXに興奮は最大限でまたイキそうになると止めるに気が狂う程のめり込んでしまった。

そのまま騎乗位で挿入してきたが学生時代バタフライの水泳選手だった女房の腰使いは最高で締め付けも未だに強いままだ。
すぐにイキそうにされるがストップしまた再開と焦らしに焦らされ涙混じりのお願いをしてやっとイカしてくれた。
2回イッて手足を解かれたが次は僕の両足を子供のおむつを付ける時みたいに上げて僕のアナルを舐めてきた。
逆らう気にもなれず快感が僕を支配してくる。

耳元で「その内にアナルも犯してあげるね。気持ちいいらしいよ」と言われてまたまたゾクっとした。
半立ちのチンポを今度はパイズリしながら「気持ちいいでしょ、いい子でいたらもっともっと気持ち良くして上げるからね」と言われ、僕はめちゃくちゃ素直に「うん」と子供に戻ったように返事をしていた。

不思議な気持ちになっているとまた射精した。
びっくりするほど声を上げてピュッピューと2~3mは勢いよく精子が飛び出した感じだった。
女房は口で受け止めたが顔にも付いていた。
その顔がまた色っぽくてよかった。

それからは僕は女房とのSEXが楽しくなっていた。

デパートの試着室の中で「これはどう?」なんて言いながら入って来て、女房は突然おっぱいを出して僕に舐めさせたりスカートを捲って僕を座らせて舐めさせたりする。
何だかハッとさせられたりするのが新鮮で物凄く好きになっている。