スポンサーリンク
新着記事

水着姿で挑発する義妹に興奮してしまい・・【エロ体験】

妻が留守の晩、義妹の弘子が来た。

水着を買ったと言って、俺の前で着て見せた。
俺は風呂上りで腰にバスタオルを巻いた格好で野球を見ていたのだが、弘子の水着姿に興奮してしまった。
弘子は以前から俺に「お兄の事、好きだよ」と言っていたので、俺の方も弘子の事を可愛がっていたのだが、勃起したチンポを目ざとく見つけた弘子は「お兄、興奮してる。エッチ~」と言って、俺の前で更に様々なポーズで挑発。

俺は我慢できずに弘子を押し倒し、「ゴメン弘子、もう我慢できないよ」と言うと弘子にキスした。

弘子の方も「お兄、このままして」。

水着はワンピースだったので肩から外し、お腹のあたりまで脱がせ、弘子の胸を揉み、片方の手で水着の上からアソコを弄りだした。

次第に弘子が感じ始めてきたので、水着の脇から指を入れ、アソコを直に弄り始めると・・・

「お兄、きもちいい。きもちいい」と俺にキスをせがみながら悶える。

真っ白なオッパイが次第に紅潮し、乳首を強めに吸ったりすると弘子は感じるのか、アソコを弄っているよりも声が大きくなる。
散々指で弄られ、弘子は俺にしがみつきながら・・・

「お兄。イク・・」

弘子は軽く痙攣しながらイってしまった。

俺は水着を全て脱がせ、マングリ返しで弘子のアソコを拝みながら舐め始め。

「お兄。ヤダ、恥ずかしいよう」

そう言いながらもしっかり喘ぎ声を上げ、甘い蜜を溢れさせながら、俺のクンニで再びイってしまった。

「弘子、今度はコッチしてくれ」

俺は弘子にフェラチオをしてもらいながら、弘子のオッパイを揉み続け・・・

「弘子フェラ上手だね。誰に教わったの?」
「しらなぁ~い」

うまく誤魔化しながら弘子は俺のチンポの先に唾を垂らし、スナップを利かせた手コキをしたり、音を大きくたてて舐めあげたり吸ったりとかなり上手だ。
弘子はフェラをしている間、自分のアソコを弄り続け「お兄、チョウダイ」と甘える。

「ナニが欲しいの」
「モーいじわるぅ~。お兄のちんちんチョウダイ」

俺はもう一声と言わんばかりに首を振ると・・・

「太いチンポ、ヒロのマンコに入れて」

そう言って口を離し、四つん這いになってこちらを向く。

「じゃあ、太いの入れるよ」

俺はそう言って後ろから一気に奥深く挿入する。

弘子は「ふぁっ!!」と声を上げたが、すぐに「いい、いい」の連呼に変わる。

「弘子の中で太いチンポが動いてる」と言わせながら、俺は片足を立て、そこに弘子の片足を乗せる格好で突く。

「すごい気持ちいい。お兄、こんなの初めて」

そう言って弘子は悶えながら三度イってしまった。

俺は弘子から離れ、寝室に連れて行き、妻に使っているバイブを見せた。

「大丈夫、毎回使用後は消毒してるから」

そう言って弘子の背後から抱き寄せるようにし、弘子と舌を絡めあいながらバイブのスイッチを入れ、クリを重点的に責める。

「淫乱なんだ、弘子は」
「ウン、いけないこです弘子は・・」

「オッパイ自分で揉んでごらん」

弘子は言われたとおりに自分の胸を揉みながらバイブを受け、またまたバイブで逝かされ、俺はバイブが抜けないように自分で押せえさせながら弘子のフェラで逝った。
以来、時々弘子とはコスプレで楽しむようになった。