スポンサーリンク
新着記事

温泉で娘の幼稚園の先生と・・【エロ体験】

私は8月に入ると、嫁さんと子供を嫁の実家に送って数泊し、その帰りに温泉に立ち寄って帰るのが恒例になっていた。(私だけ。当然、嫁公認。)

数年前のこと。

その年は不景気で仕事が(自営)暇だったので、いつもより遠回りだが良い露天風呂のある温泉地に行くことにした。
運良く宿も取れた。
私は、数種類ある露天風呂から一番離れたところにある「混浴」を迷わず選んだ。
そこは脱衣場は別々だが後は全くのオープン、多少岩陰があるが高台なので見晴らしは最高である。

湯は鉄分を含んでいるので赤い。
所謂金泉、入浴剤じゃない(笑)

私は独身時代からよく各地の露天風呂を回っていたが、混浴があるときは必ず混浴に入った。
別にエッチなことを期待したわけではない。
(いや少しはあるが・・・)
そこのひととの裸の付き合いや、反応を人間ウォッチングするのが楽しいからである。
夕暮れ時、食事前に行くと、先客は老夫婦一組、40代位の男性4人、5~60代のおばさん3人だった。

私(30代前半)が入ってゆくと(湯浴み着などはつけない)、男性のがっかりした反応と、おばさんの刺すような視線が注がれた。
「いつも通りの反応だな」と思いつつ、俺は老夫婦の近くに座った。
当り障りの無い挨拶をしてしばらく景色を楽しんでいると、男性陣が我慢の限界だったらしく「たまらん、たまらん」といって上がっていった。
おばさんたちものぼせたのか岩に腰掛け隠そうともせず手で扇いでいる。
しばらくして、脱衣所のほうで若い女性の声がした。

やはり!

私の経験上、若い女性は夕方以降に入る場合が多いようだ。
また、若い女性の場合でも非常にオープンなタイプと、羞恥心の塊みたいなタイプに分かれるようだ。
さっき上がった男性陣に同情しながらも、私は声が入ってくるのを待った。
女性はオープンなタイプの3人組だった、一人は全然隠そうともせずタオルを肩に掛けている。
それを観て老夫婦のご主人が愉快そうに笑った。

女性たちは何の躊躇も無くジャボジャボと湯に入ってきたが、そのうちの一人が、私の方を見て「ギクッ」とした。
私は若い(一応)男性が居るのに気づいてビックリしたのだと思ったので、知らん顔をして景色を眺めていた。
しかし、薄暗くてわかり難いが、どうもその女性はずっと私の方を気にしてるようだ。
私は多少気を悪くしたので、睨み返そうと振り向いた。
私も「ギクッ」となった。
それは、娘の幼稚園の担任ではないか・・・。

正直に言おう、私の頭の中は一気にHモードに切り替わってしまった。
なぜなら、私はその先生が“好き”だったからである。

その先生(K先生)は、上の娘が年中のとき新人で入ってきて、担任の補助としてクラスに来た。
私はPTAの役員をしていたが、父兄から保育についてのクレームが出たので、先生に談判に行った。
そのときの担任は、あろう事かK先生に責任を押し付けて知らん顔をしたので、新人の彼女は泣いてしまった。

私は狼狽した。

しかし、どう見てもK先生に責任は無いので、逆にフォローして担任を攻撃した。
そのとき、どうやらK先生に感情移入したらしい。

K先生の容姿は、顔は非常に好みの分かれるところである。
ピンクレディーのケイちゃん(例えが古くて申し訳ない)をきつくした感じで、もしかすると10人中半数、は「不美人」というかもしれない。
しかし、私のツボにはドンピシャリだった。
スタイルは背は低めで胸を除けば少年のような、余分な贅肉が一切無い、天然のアユのような綺麗な体型だった。

K先生が、この春から下の娘の担任になったときは、正直嬉しかった。
そのK先生、が裸で目の前にいる。
そう考えただけで私は湯から上がれないような身体の変化をきたした。
知らん振りするかどうか悩んだが、K先生は、私が気づいたのが判ると「こんなとこでお逢いするなんて、ビックリですね」と無邪気に言ってペコリと頭を下げた。
私はドギマギして、「え、えぇ・・」と答えるのがやっとだった。

横の二人が気づいて、K先生にごちゃごちゃ言ってる。
「えー」「うそー」「超マズイ?」「いけいけ」とか。
色々とK先生をからかっている。
私はこの場にいたたまれなくなって、必死で身体の変化を鎮めると、おばさんたちが上がるのについて逃げるように出てしまった。

後ろでは、女性たちの笑い声が響いている。
なぜか私は、それが嘲笑に聞こえて、浴衣の帯を結ぶのももどかしく宿に帰った。

その温泉は所謂「外湯」で、宿泊施設は数箇所ある。
せめて何処に泊まってるかくらい聞いとけば・・・。
と思ったが、後の祭りだった。
食事の後ずっと考えていたが、やはり僅かな可能性にかけて、もう一度露天に行くことにした。

時間は10時を少し回っていた。
そこの露天風呂は、一応「風紀上」10時以降は、入浴禁止だったが、別に鍵がかかるわけではなく自由に入れた。
私は露天風呂までの道中K先生に逢わないかと、キョロキョロと不審人物のように歩いた。

風呂に入っていくと人の気配がして「バシャバシャ」と慌てた様子。
よく観ると中年のカップル(夫婦には見えない)だった。
雰囲気から私が”邪魔”をしたらしく女性の方が不満そうで男性がなだめている。
女性がさっさと出て行き、男性が追いかけていった。

私は独りになった。
私はアルコールが全然ダメなので、温泉に入る時はスポーツ飲料を持っていく事が多い。
それを飲みながら、半ば諦めていた。

その時「◯◯さん」と、不意に後ろから声を掛けられた。
ビックリして振り向くと、K先生が立っている(浴衣のまま)。

「さっき歩いてるのが、部屋から見えたので、もしかしてここかなと思って来ました」

私はその言葉を聞いて期待度がUPしたが、出来るだけ平静に

「そうなんですか、さっきは驚きました。よく温泉とかには来られるんですか?さっきのは、お友達?・・・」

K先生はそれには答えず、「私も入っていいですか?」といった。

私はあまりの急展開に心臓が口から飛び出そうだったが、やっとの事で
「え、どうぞ、でもいいんですか・・・」といった。
K先生は、すでに脱衣場にむかって歩き出していた。
しばらくして、K先生は先ほどより恥じらいを持って、タオルを縦にして胸と下を隠して入ってきた。
でもお互いスッポンポンには違いない、さて、どうするかと思ったが、そこで私の理性がささやきかけた。

「ちょっと待て!シュチエーションは最高だが相手は子供の”担任だぞ”変に期待して行動して失敗したら、取り返しがつかなくなるぞ・・・」

K先生は手を伸ばして、ギリギリ「届かない」距離に座った。
私は、これを「警戒」と受け取ったのでがっかりしたが、そうなれば今度は悪いイメージ持たれると後々厄介なので“いい人”を演じなければならない。
私は、出来るだけ悪心が相手に見えないように気を使った。

「さっきのは学生時代の友達なんです。温泉旅行は社会人になってから初めてですけど、学生時代にあの子達と4~5回は行きました。いつもあの子達に振り回されるんですけど、なんか気が合うんですよ。◯◯さんもよくいらっしゃるんですか?」

さっきは気がつかなかったが、K先生からかなり酒の匂いがする。
喋り方も少したどたどしい。

「わたしも、独身時代から趣味であちこち回りました。もっとも一人旅の貧乏旅行ですけど。ところで、お友達は来ないんですか?」
私は一応確認しとこうと思った。

「あー、一人は酔いつぶれて寝てます。もう一人はなんかカッコイイ男の子が居るからって。さっき出て行きました。あの子はいっつもああなんですよ~、きゃはは」

いつもは大人しいイメージのK先生だが、饒舌に喋るのを聞いて、意外な一面もあるものだと変に感心してしまった。
その時新しい客が入ってきた。
暗くてハッキリしないが、どうやら若いカップルらしい。
私たちの存在に気がついたようだが、かまわずに少し離れた岩陰の方に行った。
私たちは、相変わらず以前行った温泉や幼稚園のことを話していたが、しばらくして、岩陰から微かに息遣いの荒さが伝わってきた。

私は正直マズイなぁ~と思った、この雰囲気に耐えられなくなったらどうしよう・・・。
K先生も黙ってしまった。
田舎の山の中の温泉、しかも夜、辺りはシーンとしている。
多少離れていたが、聞く気はなくても、その「声」は耳に入ってくる。
私には長く感じたが多分10分くらいでその声は山を迎えて止んだ。
それからそのカップルは、ぐったりした女性を男性が支えるように出て行った。

沈黙--------

「◯◯さん」K先生が沈黙を破った。

「はっ、ハイ」私は間抜けな声を出した。

「あの~スミマセン、そこいあるジュース、少し頂いてもいいですか?ずっと浸かってたら、のぼせてしまって気分悪くなったしまって・・・」

「へ?あぁいいですよ、大丈夫ですか?」

私が差し出すと、K先生は一口、口をつけた瞬間、いきなり「吐きそう」と言い出した。
私は湯船にもどされるのはまずいと思って横の植え込みを指差して
「あっちで!」と叫んだが、K先生は「もうだめ」といって口を抑えたので
私は咄嗟にK先生の身体を抱えて、湯から引き摺りだした。
それと同時に、先生は噴水を出した(食事中の人申し訳ない)。

私にも多少「とばっちり」がかかったが、今はそれどころではない。
ゲーゲーやってる先生の背中を摩りながら、自分の口に広がる酸っぱさを我慢するのが精一杯だった。
少ししてちょっと落ち着くと私は、今の状況がとんでもないことに気づいた。
K先生は、タオルさえ持ってなくて目の前に居る。
私もタオルは左手に持っていたが、前を隠せる状態では無く。
しかも右手は、背中といはいえ直に先生の肌に触れている。
介抱ということでなければ、無茶苦茶Hな状況ではないか・・・!

やっとの事で落ち着いたのか、先生は、まだ肩で息をしながら顔を上げた。
涙と鼻水とゲロでグチャグチャの顔は、さすがに私でも「引いた」が、K先生のタオルを絞ってきて拭いてあげた。
K先生は「スミマセン、スミマセン」を連発していた。
私はK先生が大丈夫そうなのをみて、湯船の縁の岩に腰掛けた。
K先生も顔を拭いながら横に座った。
今度は「届かない」距離ではなかった。

「ご迷惑をかけてしまって・・・。」

K先生は、タオルで口を抑えながら、(ということは他は丸見え)いった。

「いえいえとんでもない、少しは収まりましたか?」

「突然でビックリしたでしょう?」

「えぇまぁ、かなり飲まれました?」

「そぉーなんですよ、酔っ払うと大胆になりますけど、まさかあんなことするなんて・・・」

「はぁ・・・・・?」

「向こうは気づいてないと思いますけど、私も緊張しました。結構激しかったですよね」

「?」話が合わない・・・・

「もしかして××のやつ今のこと覚えて無かったりして・・・」

「えぇ!!」

何の話かと思ったら、どうやらさっきのカップルの女性はK先生の友達だったらしい。
私は、夕方K先生以外の顔を見る余裕も無かったが、肩にタオルを掛けていた方だそうだ。

私はさっきのゲロ騒ぎで、すっかり身体の「反応」が収まっていたが、K先生の言葉でカップルの事を思い出し、急激に膨張し始めた。
「ヤバイ!」と思ったが、どうしようもない。
両太ももに掛けたタオルの真ん中が、見事に突き出してしまった。

「あ~っ!」

K先生はいたずらっぽくいうと、手を伸ばしてきた。
私は身を固くしたが、K先生は直接触れず、その突起を型取るように逆U字に手を動かしながら

「コレはさっきのことで?それとも私の為ですか?」
といって覗き込むように私の眼を見つめてから眼を閉じた。

私は、今のいままで「父兄の立場」の方が「男の本能」よりも勝っていたが、ここに至って聖人に徹っせられるほど悟りは開いていない。
わずかばかりの理性も飛んでいってしまい、思わず唇を重ねた。
酸っぱい匂いが鼻を突いた。
私は舌を絡ませることを躊躇したので、しばらく中学生のように唇どうしをひっつけたままにしていた。
K先生の腕が首に巻きついてきた、力が入り唇が押しつぶされた、と同時にK先生の舌が入ってきた、味はしなかったが息がアルコール臭い。
私はむせそうになるのを我慢しながら、このままでは「主導権」を取られると思って、胸に手を伸ばした。

K先生の胸は体つきから観るとかなり飛び出していたが、触った感じはうちの嫁さん(Cカップ)と同じか少し小ぶりだった、
しかし「弾力」は全然違う、嫁さんの熟れた感じもそれはそれでよいのだが、力を入れると押し返されるような、若いからといって「青く」はない感触、私はそれを楽しむように、K先生の二つのふくらみを弄んだ。
K先生は「クゥンクゥン」と犬が鼻を鳴らすような声を出した。
ピンクの小さな”ポッチ”に触れるたびにピクッピクッという反応が私の興奮を高めた。

たまらなく愛しい。

湯船の外ではもたれかかるところが無いので、一旦湯船に浸かり、改めて私はK先生の乳首を口に含んだ。
K先生は仰け反りながら私の頭を掴みぎゅうぎゅう自分の胸に押し付けるので、私は息が詰まったが、それでも舌で乳首を転がし続けた。
K先生は行動は大胆だったが、反応は初々しかった。
あまり「開発」されてないのかな?と思いつつ私は手を湯のなかに差し入れていった。

K先生の、硬めだが面積の小さい茂みを掻き分け、ピッチリと閉じている小陰唇を中指で押し開けていくと明らかにお湯ではない粘りのあるものが、指先にまとわり付いてくる。
「はぁ~ん」とK先生はため息をついて、私の後頭部に爪を立てた。
私は指を屈伸させ何度も先生のスジを縦になぞったが、その“ヌメリ”はお湯で洗い流されることは無く、奥から奥からどんどん湧き出してくるようだ。
私は次にK先生の「一番敏感な部分」に触れた。

バシャ!

K先生ビクッとして、硬直したように腰を浮かせて身体がピン!と真直ぐになった。
おかげで私の左手首は先生の太ももに挟まれ取れなくなってしまった。
硬直が直ってから、私は人差し指と中指でクリトリスと挟みながらゆっくりとK先生の縦スジをなぞったが、先生は眉をひそめ何かに耐えるように息を殺して俯いていた。

しばらくして、K先生は顔を上げ潤んだ瞳で私を見つめていたが、意を決したように私の手を掴み、先ほどの「岩陰」に引っ張っていった。
岩陰に身が隠れた瞬間、K先生は振り返りやおら私の充血したモノを握り、ぎこちなくシゴキ出した。
私は30を過ぎていたが、今までの状況から直ぐにでも限界が来そうだったのでK先生の背中をドンとついて手をつかせ、バックからいきなりK先生を貫いた。

「ウグ!」K先生はうめき声をあげた。

私もそのキツサに驚いた、充分に濡れていたが最後まで入れるのにかなりの抵抗を感じた。
まさか処女ではないだろうが、名器なのかと思える締具合だ。
あまりのキツサに私はとしてはあまり具合良くはなかったが、却って長持ちした。
K先生は最初苦しそうだったが、段々とよくなったのか息遣いが荒くなってきた。
今度は湯船の縁に腰掛けさせ後手に身体を支えてM字開脚させてから突いた。
K先生は「ふん、ふん、ふん」と鼻を鳴らしていたが、
聞き取れるかどうかというくらい小さな声で

「キモチイイデス・・・」

というと、突然、私にしがみついてきて、押し殺した声で

「クゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!」

と一声泣いてぐったりした。

私は「生」だったので、外出しするつもりだったのだが、しがみつかれて抜けず、K先生の「ナカ」で、しかも、十代のときのように大量に放出してしまった。
(幸い妊娠はしなかったが)
キ~モチヨカッターーー!

K先生から出てくる私の体液を洗いながら、ふと気づくと人の気配がする。
恐る恐る岩陰から様子を伺うと、二人の人影がお湯に浸かりながら、こちらに聞き耳を立てているようだ。
私たちは急に恥ずかしくなって出ようと思ったが、お互いタオルを向こうに置き忘れている。
取りに返るわけにもいかず、私たちはダッシュで脱衣場に走った。
横目で見るとどうやら最初の中年カップルのようだった。

その後、私たちは、私の部屋に戻り、再びもつれ合ったK先生が部屋を出たのは、明け方4時を回っていた。
話を聞くと、K先生は高校時代に喪失した一回きりで、その後チャンスが無かったらしい。
友達との旅行はセカンドバージンを捨てる為だったようだが、いつも××さんに先取りされて、上手くいかなかったようだ。
私は、栄えある「お相手」に選ばれたのだが、それ以降、当然のことながらK先生との関係は無い。

娘が卒園してからお逢いしてないし、その翌年には結婚されたようだ。