スポンサーリンク
新着記事

主人には口が裂けても言えない過去のこと【エッチ体験談】

主人には口が裂けても言えないけど、学生の頃に内緒で、すいぶん長い間、ずっと年上の人と付き合ってたの。

時々思い出すけど、今でもあそこがかっと熱くなるの。
本当にすべて仕込まれたって感じ。
イクってことをはじめて教えてもらった。
おぼれてたわ、その人とのセックスに。

あのころ、情けないけど、あとで主人になるあの人のことが好きでも、その人とのセックスは別で、したくてしたくて、どうしようもなくなってたの、ふっとしたときに。
私のアパートのベッドで、昼間から一日中してたこともあったわ。
ベッドの中で裸で一日過ごしてたの、ほんとうに。
何度も何度も私がねだってセックスしてたわ。
これで1年留年までしちゃったんだもの。
私にとってはそのころにすべて教わったって感じ。

そう、そのころは主人には別に好きな人がいて、付き合ってはいなかったの。
むしろ、私が惚れてたってところかな。
当てつけにってところから始まって。
やけくそになって、中州でよく夜中まで踊ってたわ。
その時には、無茶なことをいくつもしたものよ。
その晩会った男とやっちゃったとか。
今でも赤面しちゃうわ。
3人の男の人と同時にしたこともあるわ、私の方も二人だったけど。
よく覚えてないの、つい飲んじゃうと、Hな気分になって、気がつくと・・・って感じだったのよ、そのころの私は。

でも、仕込んでくれたのは別の人。
スナックのマスター、その頃、行きつけだった店で、時々頼まれるとバイトしてたの。
主人も行きつけだったの、私たち学生仲間のたまり場って感じの店だったの。
主人もその人をよく知ってたの。
ばれなかったわ、全然。
まさか、私がマスターと下宿でニャンニャンしてるなんて、想像もできないはずよ、そんな素振りは絶対に見せなかったから。
そうね、そう、仕込まれちゃった。
ほんとうに全部。

それまでの中州でナンパされた男の子たちなんて、あの人から比べたら、単に若いだけでがむしゃらなことだけが取り柄だったわ。
恥ずかしいけど、お尻までしっかり開発されちゃったの、そのころに。
主人には絶対にさせないの、時々せがまれるけど。
だって昔を思い出しちゃいそうで、怖いの。
よく結婚してから主人にばれなかったって思う時があるの、そんな経験があることを。
最初はネコをかぶってたんだけど。

そのうちついつい覚えてた癖が、無意識に出ちゃって危ないときもあったわ。
例えば、はじめはフェラとか、わざと歯をたてたりして、初心なフリしてたんだけど。
ついつい69であそことか攻められちゃうと感じちゃって、気がついたら私が昔あの人を悦ばせるために仕込まれちゃった通りのフェラをしちゃってたりして。
片手はカリの下の鞘の部分を細かく上下して刺激を与えながら、お口でスポットを責めて。
そしたら、主人はほんとすぐにいっちゃうの。
1分ももたないってところかな。
どうしてもって時は、薄明かりにして、じっと上目遣いで見上げながらしちゃえば、いちころよ。
でも、いぶかしくは思ってたみたいよ。
時々、かまをかけられてたから。

「だれから教わったのとか、だれと最初だったとか」

今の主人と最初にしたのは、学生時代の終わり頃。
私がもう、そのマスターと別れてから。
主人が一度、私のアパートに泊まっていったことがあるの。
その晩。
その時は飲んでたし。
つい、後ろからするって入れられちゃったら、そのまま腰を動かしちゃたのよ。

あのころは、大学生で処女なんていないっていう時代だったから。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする