スポンサーリンク
新着記事

素敵な52歳のオジサマに飼われている20歳のOLです【セックス体験談】

私は、20歳になったばかりのOLです。

本田翼ちゃんに似てるとよく言われます。

ショートカットで細いのでかも…。

お乳は…小さいです…Aカップ…。

私には、お付き合いしてるというか…飼われているというか…

ご主人様的な素敵な52歳のオジサマがいます。

元々友達のパパです。

高校を卒業した時に…処女を奪われてからの関係です。

オジサマは…私に色々と教えてくれます。

オジサマのために、アソコの毛も剃っちゃってキレイにしてます。

ピルも飲んでます。

オジサマは優しくいつも私を愛してくれます。

ねっとりと時間を掛けて私を気持ちよくさせてくれます。

30分でも1時間でも私のおまんまんを舐めて可愛がってくれます。

いつも…おチンポを挿れられるときには、

逝きすぎてぐったりしてますが…

オジサマが私の中に射精される時には、

この上もない快感で失神しそうになります。

実際、失神シタことも何度もあります。

回数よりも密度の濃いエッチで私を愛してくれます。

そんなオジサマに先日、私の20歳の誕生日に

お尻の処女を奪われました…捧げました。

お尻を時間を掛けて舌と指で愛撫され、

指二本が入るくらいまで拡げられました。正直、痛かったです。

それから浣腸されて…。そして…オジサマの太いおチンポを

挿れられた時には、激痛が背骨を突き抜けました。

痛くて痛くてボロボロに泣きました。オジサマが動くと

振動がダイレクトにお腹に響き、息が止まるくらい苦しかったです。

内蔵を抉らえる様な激痛に意識が朦朧としてて、

途中途中、記憶が飛んでます。

しかし…その内に痛みの中に妙な感覚が湧いてきて…

変な感じに包まれました。

相変わらず痛くてしょうがないんですが…

何と言うか、痛気持ちいい…感覚が包み始めました。

オジサマが私のお尻の中に出した頃には…キモチ良かったのかも…。

オジサマが言うには、途中からいつもより1オクターブ高い声で

気持良さそうに喘いでいたと…。

証拠におまんまんからは…エッチなお汁が溢れて糸を引いてました。

私のお尻の初体験は以上です。

これからも…オジサマにお尻を愛してもらうと思います…

おまんまんのように気持ち良くなる日が来ると思いますので

機会があったら報告します…。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする