スポンサーリンク
新着記事

前期試験期間中に初デリヘルを呼んだ【エッチ体験】

今年の2月25日、もう何度目か分からない前期試験一日目を終えた俺は、その日の試験の情報収集などしてた。

今年もまた駄目かなと思って絶望してたら、ふと自分がホテルに1人きりな事を思い出す。

かねてから興味があったデリヘルを呼ぶチャンスだ。

そこからはもう早かった。

俺はもう下半身でしか物事を考えられなくなっていた。

俺はネットを駆使してその地域のデリヘル情報を集めた。

2chのヘルス板で優良店や可愛い嬢、そしてどこまで出来るかなどを必死になって調べた。

そして、お目当ての嬢を見つけた。

彼女はブログをやっており、それを読んだ感じ話が合いそうだった。

最初の会話が弾むと対応が良くなると聞いたので、過去の全てのブログ記事に目を通して嬢との会話をシミュレーションした。

ついに店に電話をかける。

緊張で手と声とちんこが震えた。

「あ…あの明日の夜に予約したいんですが」

「希望の女の子と時間をお願いします」

「じゅ…10時に○○ちゃんで」

「分かりました。ホテルに着いたらまた連絡します」

と話はとんとん拍子に進んだ。

その子は店内でも人気だったので、気を良くした俺はさらに情報収集した。

先輩諸氏によると、その子はルックスは良いが感度は微妙との事だったが、ちんこで物事を考えている俺にそんな事は関係ない。

頭は翌日のデリヘルの事でいっぱいだった。

それでも試験の疲れがあったようで、その日は日付が変わる頃に寝た。

翌朝、友達からのモーニングコールで目を覚まし、朝食をかきこんで大学へ向かう。

今夜女性とベッドを共にする受験生は何人いるのだろうか、と考えながら席につき、試験も無難にこなした。

試験が終わったのは午後16時頃で、夕食までにまだ時間があったので大学近くのカラオケに入る。

叫びたい気分だった。

1人でアニソンを熱唱すると不安や緊張も和らいだ。

明日の今頃には前期試験が終わってるという事よりも、何時間か後には20ピー年間守り抜いてきた童貞が失われる事の方が重大に思えた。

2時間のヒトカラを終え、少し遠回りしてホテルに戻ると急いでレストランに向かった。

風呂で体を清めたり部屋を片付けたりして万全の状態で嬢を迎えたかったからだ。

レストランである俳優さんを見つけて握手してもらったりして、夕食が終わる頃にはすっかり従容としていた。

部屋に戻るとデリヘル店から留守電が入っていた。

嫌な予感がして急いで折り返す。

呼んでいた嬢が大学の急用で来られなくなるとの事だった。

全ての計画が破綻した。

今までのリサーチが水泡に帰したような気がした。

俺はほとんどないコミュ力をフルに発揮して抗議した。

すると、今店にいる1番ランクが高い女の子を指名料なしで派遣すると提案された。

ホームページでその子の写真を見るとなかなかに可愛い。

可愛いは正義、とにかくちんこが反応しさえすればいいのだ。

俺は相手の提案を快諾した。

来る事になった女の子は新人のようで情報が少なかったが、その少ない情報を繰り返し繰り返し見た。

次に部屋を片付け、貴重品はきちんと金庫にしまった。

約束の時間になる。

今か今かと電話を待っていると、22時5分過ぎ頃に鳴った。

ホテルの前に到着したのでこれから向かう、部屋番号を教えろとの事。

俺が泊まっていたホテルは、エレベーターを降りてからフロアに入るためにも鍵が必要だったので、エレベータを降りた所でケータイをいじりながら待機していた。

女の子を見てすらいないのにフル勃起していた。

ついにエレベータが開く椅子から立ち上がりかけると、おっさんだった。

俺は体勢を直しておっさんを睨みつけた。

おっさんは逃げるように部屋まで走っていった。

再びエレベータが開くホットパンツに黒タイの若い女性が出てくる。

俺は自然と声をかけていた。

「○○の方ですか?」

「はい!」

愛想のいい女の子だった。

「わざわざここまで来てくれたんですか!?」

「えぇ、鍵がないとフロアに入れないので」

「わー!凄いですね!」

「とりあえずこちらへどうぞ」

俺は嬢を部屋に誘導した。

嬢は身長160cm弱で、顔は声優の能登有沙似。

凄く好みというわけではないがやるには十分だ。

胸がEカップというのも本当のようだ。

俺の童貞卒業の相手としてふさわしい。

部屋に向かう時は無言だったが、俺はそんな事を考えていた。

部屋に入ると嬢はバッグを椅子に置き、コートを脱いだ。

「すごーい!大きなベッドですね!」

俺は寝相が悪いのでキングサイズベッドの部屋を取っていた。

部屋をとったときはデリヘルなどという発想はなかったが全ては一つの目的に収斂するのだろうか

「隣に座ってもいいですか?」

嬢は既にベッドに腰掛けていた俺の左を指差して言った。

「どうぞ」

コミュ障なのでまともに会話できない

「こういうのは初めてですか?」

嬢はさに尋ねられる。

「いえ、2回目です」

本当は初めてだったが俺は見栄を張った。

「エッチは経験豊富ですか?」

「あんまりです…」

「私もこの仕事始めて3人目のお客さんなんですよ…」

「!?」

「でも僕よりは多いのでリードしてくださいね」

「頑張ります!ってかおいくつですか?」

「二十ピー歳です、あなたは?」

「えーと、ぶっちゃけますね、ホームページには20って書いてあったと思うんですが22です」

「かなり近いですね」

「歳が近いお客さんは初めてなので緊張します」

「歳上だったらどうしようと思ってたので安心しました」

「はは、とりあえず今日は何分のプランにしますか?」

「75分で」

「はい、では二万円お願いします」

俺は用意していた金を嬢に渡す。

嬢は金をしまい、店に電話で75分だと連絡し、ストップウォッチのボタンを押した。

「そろそろお風呂いきましょうか」

「は…はい…」

二十ピー年間、かーちゃんとねーちゃんの裸しか見た事がなかったのでこれから女性の裸を生で見られると思うと息子が暴発しそうだった。

部屋を暗くし、服を脱いで風呂場に向かう初めて見る身内以外の女性の裸俺は触れたい衝動を必死に抑え、あくまで紳士的に振舞おうとした。

が、すぐに俺がフル勃起な事に気づかれて、風呂場でいきなり息子を咥えられた。

その後フェラされて手コキされて、翌日の試験も納得できる出来で、長年の浪人生活に幕を下ろす事ができました



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする