スポンサーリンク
新着記事

風俗嬢を好きになってしまったSEX体験談【エッチ体験談】

可愛いデリヘルをお願いしました。

彼女の源氏名は優子。

20歳B95、W70、H97キャミにミニスカート。

こんな可愛い子が来るとは思ってもいませんでした。

いっしょにお風呂に入り、洗いっこ。

恥毛がふさふさしていました。

部屋戻り、優子をベットに座らせ両足を開かせると、オマンコは濡れ々状態です。

「オマンコのお毛々剃ったら、もっとセクシーになるよ」と言ったら

「少し位なら、いいわ」

内心ラッキーと思いつつ、ェービングカップ、シェービング用刷毛と剃刀を持参。

刷毛でおもむろに泡立てて、股間の周りにシェービング。

真っ白な泡状態。

お風呂上りなので、お毛々も軟らかくなり剃刀のすべりも絶好調です。

オマンコの両側を少し剃るだけとのことでしたが・・。

両側アナルの近く、クリの上・・。

両側は徐々に狭くし、逆剃りをしていくと、ツルツルのオマンコに仕上がり。

全部剃り落とすわけにもいかず、クリの上に細い筋状態に一刷毛分残しました。

優子も、ツルツルのオマンコが気に入ったらしく、シャワーで流しにいきました。

戻ってきた優子を立たせた状態で、抱きしめキスを求めると嬉しそうに求め、オマンコに指を添えるとじっとりと生ぬるい液体を出し濡れ々状態でした。

立っていられなくなりベットに仰向けにし、優子の乳房をおしゃぶりし、右手でクリを触るとヌルヌル。

乳首を強く吸うと「乳房吸わないで。感じるの。オマンコもジュクジュクになっちゃうわ」

両方の乳房の周りを強くおしゃぶり、赤いミミズ腫れのキスマークを付けてしまいました。

「恥ずかしいわ。そんなに苛めないで」

両足を割り込み、優子のオマンコをおしゃぶりするとオマンコ汁でヌルヌル。

「もっとクリおしゃぶりして。優子クリが感じるの」

クリトリスの包皮を剥くと、ピンク色したクリが顔を出し、舌で転がすと一段と激しく腰を振り

「あ、ああー。優子のオマンコ気持ちいいわ。そこが感じるの。もっとおしゃぶりして」

両足を上に持ち上げ、ほとんどお毛々のないツルツルのオマンコからアヌスへとおしゃぶりすると、優子の両足はがくがくと震え出し

「いいわ。優子のオマンコ気持ちいいわ。お客さんもっとおしゃぶりして」

「お客さん、優子のツルツルのオマンコ見ないで。恥ずかしいわ。彼氏にも剃らせたことがないのよ」 体勢を入れ替え、69のスタイル。

優子のジュポジュポフェラは上手で、オマンコに入っているみたいです。

下から見る優子の股間は、若草が一筋。

中学生みたいなオマンコで、オチンチンが更にむくむくの状態になってきました。

優子を仰向けにし、生のオチンチンを突き刺すとオマンコの締りが強く、メリメリとか裂けるような感じ。

「お客さん、きついわ。優子のオマンコ裂けるそうよ。優しく入れて」

半分まで入ったが、優しくピストン運動をしてオマンコをこねくり回すと、熱いお汁が湧き出し、優子のオマンコは根元まで飲み込み

「ああっ、いい。優子のオマンコ熱いわ。もっと突いて」

「彼氏いるの?」

「彼氏はいるけど、Hしていないの。これ欲しかったの」

「他のお客さんともするの?」

「お客さんにさせろと言われるけど、したことないわ。病気が怖いもん」

「ホンとかな?」

「本当よ。今日は特別よ。優しそうな感じで、好い人みたいだったから・・」オチンチンに絡みつくオマンコを激しく突いたり、腰を回して掻き回すと一層雄たけびを張り上げ

「あっ、ああーん、気持ちいいわ。もっと突いて。優子オマンコ激しく突いて。掻き回して」優子は髪を振り乱しながら、右手は枕の端を掴み、 堪えるかのように声を詰まらせ

「あっ、もっと突いて。ああーん。オマンコ、優子のオマンコ感じるわ。激しく、掻き回して」

これが20歳の子とはとても思えないエロイ感じ。

今度は、うつ伏せにして腰を高々と上げさせ、バックから愚息を突き刺すと「嫌っん。あっ、きついわ。オマンコ裂けそうよ。優しく突いて」優子のオマンコは次第にジュクジュクと熱いお汁が湧き出し、べちょべちょ。

愚息は優子のお汁が絡みつき、白濁したジェリーを塗りつけたみたい・・。

優子の乳房はゆらゆらと波打ち、両手で乳房を鷲掴みをすると、答えるように腰を前後させ愚息を深く迎え入れ

「お客さん、お客さんに生入れされたの初めてよ」

「こんなに感じるなんて、厭らしいオマンコね」

「お願い。今日は危ない日だから、往くときゴム付けてね」

ご機嫌を損ねると不味いので、往くときはゴムを付けることを約束。

優子はほっと安心したようです。

バックで突き刺した状態で窓側に連れて行き、往来者に見られるようにカーテンを開け放ち、ガラス窓に手を着く優子をバックから突き刺すと

「ダメ。見られちゃうわ。駄目、恥ずかしいわ。オマンコしている姿を見せたことがないわ」

それでも、無視して腰を回しながら、激しく突き刺すと

「ダメ。嫌っ、ああっーん。ダメ、駄目。往ちゃうわ。ああっ、ああ、あっ、あああーん」

優子はがくりと腰を落とし、その場にしゃがみこみ「恥ずかしいわ。

一人で往っちゃってごめんなさい。

でも、生チンチン入れられたの久しぶり。

気持ちよかったわ」一服してから、優子をベットに誘い、ベットの脇に置かれたコンドームを取り出し

「約束とおり、ゴム付けるね」

正常位の状態で頭を起こし愚息のゴムを確認すると、優子は安心したように愚息を迎え入れ

「約束守ってくれて嬉しいわ。優子のオマンコ可愛がって」

「あっ、ああーん。気持ちいいわ。感じる。さっきより凄く気持ちいいわ」

優子のオマンコに突き刺した愚息はビンビン状態。

ゴムの先を爪で悪戯したら、徐々にゴムは捲れ上がり、愚息の根元へ。

「気持ちいいわ。ダメ、また感じてきたわ。好いわ。もっと突いて。お客さんのオチンチンで優子のオマンコ突いて。一緒に往って。ああっ、あああーん」

優子はぐったりした状態で手足を投げ出し、胸で荒い息をし・・。

ティッシュを取り出し、優子のオマンコと愚息を一緒に拭取ったが、それでも混ざり合った熱いお汁と子種が溢れ出し・・。

優子は久々のHに満足したようです。

シャワーを浴びた後、じゃれっこしながら、携帯とアドレスをゲット。

次の日は直接メールで呼び出しすと、約束の時刻に嬉しそうにノーパンで来ました。

早速、シャワーを浴び、明るい部屋で抱きしめ、割れ目を擦ると、お汁があふれ出し・・。

電マが好きとのことで、持参した電マで時間をかけ甚振ると、喘ぎ声出し隣の家に聞こえるのではないかと心配しました。

びはりは、すっかり紅潮し「今日も、お手入れしようか」と言うと

「昨日の夜、ママにオマンコ見られて、縦筋の毛しかないのでびっくりされちゃったわ」

「返事に困ったわ」グスン、といいながら「でも、全部剃ってもいいわ」

つるつるのオマンコにすると「赤ちゃんになったにたい」とはにかみながらはしゃいでいました。

優子は、バックが好きとのことなので、生チンポで犬みたいにバックで激しく突くと、すぐに往ってしまいました。

「往く時は、ゴム付けてね」「ホントに危険日なのよ」生返事をしながら、2度、3度と往かせると、ぐったりとなり、なんでも言うことを聞くようにありました。

おしっこをしたいと言ったので、ベランダに連れ出し、そこでさせると、恥ずかしそうにぶるぶると体を震わせ、我慢も限界になり、放尿を始めました。

ムービーでしっかり撮影すると「優子恥ずかしいわ。

こんなところ、撮られたことがないわ。

誰にも見せないでね」つるつるのオマンコから雫が滴り・・。

かわいいなあ。

ロリコンみたいだ。

目隠しをし、両手を後ろに縛り、立バックでオチンチンを突き刺すと、するりと根元まで突き刺さり、激しく腰を振ると、優子はぶるぶるっと体を震わせ、また往ったみたいです。

優子をベットで四つんばいにさせ、バイアグラの効いた生オチンチンをバックから突き刺すと、勝手に潮を噴きだし、シーツに丸いシミをつけてしまいました。

「優子、もうダメ一緒に往って。限界よ。早く優子を往かせて」

「生チンポで往かせちゃうよ」と言うと「ダメ。出来ちゃうわ。お願いします。ゴムを付けてください」約束を守るように一度はゴムを装着し、バックから嵌めると、嬉しそうに激しく腰を振り応えてくれました。

途中で、チンポが外れたので、無理やりゴムを外し、生チンポで嵌めると

「もうダメ。逝きそうよ。一緒に往って下さい。優子と一緒に往ってください」

言い終わるか終らないうちに、溢れるくらい精子を注ぎ込みました。

優子は、ぐったりとした姿で、うつぶせ状態です。

優しくオマンコを拭いてあげると、嬉しそうに、はにかみんでいました。

2、3日おきくらいに呼び出すと嬉しそうに来ました。

2週間くらい呼び出しては生出しを続けました。

メールで呼び出しても「生理が遅れているみたいだわ。

まだ来ないのよ」生理不順ではないかと問いかけると「私ね、前から生理不順で、度々遅れたりするのよ」「大丈夫だから様子を見たら」と返事をしましたら、安心した返事が返ってきました。

数日後、またメールスト「風邪を引いたみたい」とのお断りの返事。

体調が良くなると、優子からお誘いのメールが入り、生出しHをしても、嬉しそうに受け入れてくれました。

試験薬で調べたら、陽性の表示が出て「大変だわ。

出来たみたいだわ。

きっとあなたの子供よ。

どうしよう、困ったわ」と言いんがら、あっけらかんとしていました。