新着記事

キャンプ場の近くの海水浴場で・・【エロ体験】

高校1年の時だった。
僕と友達の裕弥と信也の3人で海にキャンプに行った時の出来事だった。

僕たちはキャンプ場の近くの海水浴場で、可愛いギャルを双眼鏡で観察しよと思って、人ごみを避けて、少し離れた、岩場でゴツゴツした海岸を歩いていた時、一組の夫婦が小さな女の子連れて、たたずんでいる事に気が付いた。
夫らしい男性は仰向けになって顔に帽子を乗せて、ぐっすり寝込んでいて、その横に、小柄な、可愛い感じの女性が子供と遊ぶ様にして座っていた。

年は30前くらいかな?

で僕達はその家族の横を通り抜けて、少し離れた所に陣取って、双眼鏡でギャルを物色する事にした。
しばらくすると、裕弥が「あそこのベージュの水着の子、透けそうで凄い・・・」と言ったので、僕もすぐにその子を探す為、双眼鏡を手に持って、見ていると、「おしっこ・・・」と言う女の子の声がしたので、僕はそちらの方を向いた。

すると、さっきの可愛い感じのお母さんが、立ち上がるのが見えたが、その姿にびっくり・・・。
さっきは座っていた為、解らなかったが、かなりのミニスカートである上、生地が透ける様な薄い物で、体の線がはっきりと見てとれるくらいだった。

僕は、もう夢中で、双眼鏡を握って、そのお母さんを追っていた。
他のふたりはまだ、ベージュのギャルをさがしている様だ。

そのお母さんは女の子の手を引いて、すぐ後ろにある1.5m程の砂でできた崖の向こうの林に行こうとしている感じなのがすぐに解かった。

僕は「崖を登る時にパンティが見えるかも・・・」と思って、ずっと双眼鏡で見つめていた。

そのおかあさんはまずは女の子を崖の上に持ち上げる様にして、上げると次に自分が崖を登り始めた。
思った通り、崖が急なので、かなりの前傾姿勢をとらないと登れないみたいで、スカートを気にしながら、苦労して登ろうとしているその時、期待通りに、足をズルッと滑らせると、手を砂に付いて、倒れるのを防いだものの、パンティが丸見えの状態になったのだ。

僕は双眼鏡でその薄地のパンティをしっかりと見てしまった。
しかし、その後は慎重に足元を固める様に登った為、パンティはチラチラとしか見えなかった。

でも、気づくと信也も僕と同じ方を見ていた。
僕が信也に「見た?」と聞くと、信也は「少しだけ・・・」と言ったので、足が、すべって、丸見えになった所は見ていなかった様だ。

僕は帰りを期待していた。
5分程すると、その親子は戻って来た。
僕達は3人とも、隠れる様にして、降りるのを見ていた。

今度は行きとは逆にお母さんから降りようとしていた。
しっかりと足元を確かめる様に慎重に降りて来たので、僕はもうハプニングはないと諦めた。
その時です・・・。
またズズーッと足が滑って、今度は前向きに降りていた為、足が、M字に広がって、開脚となり尻餅を付いた格好となって、パンティが丸見えになり、それどころか、パンティの後ろ側の裾が丸まるめくれ上がって、ヘアーが少し見え、捲れた方のパンティが割れ目に食い込む形になり、僕達は食い入る様に双眼鏡で見つめていた。

その女の人の反応がまた可愛くて、最初はビックリしていたが、すぐに回りを見回して、僕達が双眼鏡で見ているのを知ると、こっちを向いて、照れ隠しの様に「ニコッ!」と笑ったのだ。

これには僕達の方がビックリ・・・唖然とした。
ところがその時、それで気が緩んだのか、また足を滑らせて、今度は完全に仰向け状態になり下まで、一気に滑ってきたのだ。

もちろん、足はさっきよりも更に大きく広げられて、パンティも更に捲れ上がって、小陰唇のビラビラが片側だけ、少し姿を見せた形で暫く動けない様になっていたのだ。

僕はペニスがビンビンに固くなっているのを感じていた。
起き上がった女の人は自分の下半身の状態に目をやると、今度はさすがに顔がこわばった感じになり、恥ずかしさからか、さっと起き上がると、スカートを直し、スカートで隠す様にしてパンティを直した。

そしてなに事もなかったかの様に上にいた女の子を抱く様にして持ち上げると、旦那の横に座ってしまった。

この事はこれで終わったのだが、実はもっと凄い事が後で起こったのだ。

それは、キャンプ場に帰ってからの事だった。
なんとその夫婦は僕達のテントのすぐ上のバンガローに入る事が解ってからの事だ。

夕食も終わって、海岸での花火大会も終わって、寝静まる頃、僕達は昼に見た光景が頭にこびりついて、3人でその事を話し合っていると、何か悶々としてきて、オナニーもできず寝苦しい夜を迎えていた。

僕は蒸し暑さから、海岸に行って、涼もうとすると、信也も同じ様についてきた。
海岸で、足を海に浸けて、涼んでいると信也は「トイレに行ってくる!」と言って、行ってしまった。

僕はしばらくその場にいたが、ふと海岸沿いを歩こうと思い、岩場の方に向かって、100m程行った所で、腰を下ろした。

・・・と、その時、「こんばんわ~」と後ろから、声を掛けられたのだ。

ビックリして振り向くと、なんとあのお昼に見た、女の人が現れたのだ。

僕も「こんばんわ~」と言うと「何しているの?」と聞いて来たので、「ちょっと暑かったから涼んでいる・・・」と言うと、「私もそう、もう20分も前からここにいるの」と言って、僕の横に座ってきた。

最初は何処から来たとか、世間話をしていたが、突然その女の人が、「彼女はいるの?」と聞いて来たので、僕が「いないよ!いれば彼女と来るよ」と言うと、「お昼、見たでしょ~?」と言って来たので「何を・・・」と、とぼけると、「私のあ・そ・こ・・・」と言うので、ビックリして、黙っていると、続けて、「若いから、溜まるでしょう?」と聞いてきた。

僕は言っている事は解ったのですが、知られたくなかったから、「何の事?」って短く答えると、「オナニーしているの?」って平気な顔で言って来たから、僕も興奮してきて「当たりまえだよ!」ってぶっきらぼうに答えると、「初体験はいつ?」って言うから、「忘れた?」って答えると、「忘れるほど、昔なんだ~」って笑いながら言うので、しらんふりしていると、「してみない・・・?」って小声で言ってきた。

びっくりして女の人の方を見ると、かなり真剣な顔になっていたので、僕もドキドキして真顔になっていると、手を引っ張ってきたので、誘われるまま、後を付いていくと、岩と岩の間の草の生えた場所に座って、僕にも横に座る様に手で指図してきたのだ。

僕はもう内心ドキドキしながら、横に座ると、僕の手をオッパイの上に持っていったのだ。
僕はとっさに「旦那さんは?」と聞いていた。

「酒を飲んで、ぐっすり寝てるわよ!」って言うのを聞いて、少し安心すると、彼女の手が僕の股間に・・・。

僕のペニスはもうビンビンに立っていて、「硬くなってる・・・」と言いながら、笑うので、僕はもう我慢しきれなくなって、彼女の上に覆い被さる様にして、キスをしました。

「優しくね!」と、一言彼女が言うと、僕はもう自然と片手を彼女の股間に持っていきパンティの上から割れ目の当たりを優しく撫でていた。

柔らかい女性器の感触で、僕は今にも爆発しそうな感じ。
彼女も僕の硬くなったペニスを短パンの上から扱いてきた。
僕は彼女の唇を貪る様にキスをしながら、割れ目に食い込ませる様にパンティの上から触っていると、少し、濡れた感じが指に伝わってきたので、彼女のパンティの中に手を入れようとすると、彼女は自分から、パンティを脱ぎ始め片方の足だけ、パンティを抜いて、もう片方の足に引っかける様にした。

「こうしておくと誰か来てもすぐに履けるから・・・」と・・・。

僕はもうあそこを触りたい一心で手を割れ目に持って行くと、もうかなり濡れていた。
彼女も僕のパンツの中に手を入れてきて、直に僕の硬くなったペニスを扱きだしたので、僕はたまらなくなって、「イキソウだよ!」って言うと、「ちょっと待って・・・」と言って、僕のパンツをすべて脱がせて、仰向けに寝ると、「いいわよ!」って言って、僕を抱き寄せるので、僕はたまらずに覆い被さって、割れ目の辺りの所を突いた。

2、3度、突いても入らなかったので、彼女が僕のペニスを持って、導き、「ここよ!入れて・・・」と言うので、腰をぐいっと突き出すと、ヌルッとした感触が伝わって来たと思うと、なにか暖かい柔らかいものに包まれた感覚がペニスに伝わり、そのまま、奥まで、入った感じだった。

もうその時点でかなり高まって来ていたので、「出そうだよ!」って言うと、「いいわよ!若いから、何度でもできるわよね!」って言ってくれたので、たまらずに腰を動かしていた。

すぐに、ぐッと締まってきた感じが伝わって来たと同時に僕は我慢しきれずに彼女のおまんこに押し付ける様にして大量の精液を彼女の中に出してしまった。

彼女はその間、じっとしていました。
出し尽くすと、彼女は僕のペニスを持っていたハンカチで拭くと自分のあそこもさっと拭って、「次は大丈夫かしら・・・」とまた笑いながら、僕のペニスを弄る様に触っていた。

僕は2分もしない内にまた復活した。

「若いって凄いわね!」と彼女は小声で言うとスカートを上の方まで捲くし上げて、ブラをずらして、乳首を露わにすると、再び小声で「吸って!」と一言・・・。

僕は堪らず、再び彼女の上に覆い被さると、乳房を揉みながら、乳首を貪る様に吸っていた。

「噛んじゃ、駄目よ!」と言う声が少し聞こえた様な気がしたけど、僕の頭の中はすでに真っ白な状態で、ペニスを彼女のあそこに突き当てていた。

彼女が僕にキスを求めてきた時、ペニスは再び彼女の膣に挿入された。
僕はまた夢中で腰を動かすと、「今度はガマンできる?」と聞いて来たが、彼女の期待とは裏腹に再び高まりが襲ってきて、二度目の射精・・・。

しばらく彼女の上で動けないでいると、彼女は「少し休もうね!」と言って僕を彼女の横に寝かせる様にした。

しばらく、彼女と寄り添う様に寝ながら、話しをしていると、「あなた達が、海岸に行くのが見えたから、話しでもするつもりで来たの」とか「あなた一人になったから、お昼の事もあって、何かキューンって来ちゃって・・からかうつもりで来たんだけど・・・」などと意外な事実が・・・。

でもそうして話している間も彼女の手は僕のペニスをずっと触っていた。
そして、10分程経った頃、彼女が少しHな話しをし始めた時、再び僕のペニスが復活してきた。

「今度は長くできそうな気がする・・・」って言うと彼女は笑いながら「そう?今度は私がイクまで頑張ってね!」と言ってきた。

僕は再び彼女にキスしながら、今度は彼女をイカせなければ・・・と思って、その一心で彼女の乳首から、首筋を丹念に舐めていると、「ここを吸って・・・」と彼女から足を開いて、クリトリスの辺りを指差したのだ。

僕は薄暗くて、あまりはっきり見えなかったんだけど、ぼんやり見える、おまんこの上辺りの小さな豆を夢中で舐めてあげた。

だんだん形が見えてくると、おまんこからさっき出した、僕の精液が洩れている様だったので、彼女のハンカチを使って、精液?らしきものをきれいに拭き取った後、彼女のおまんこを丹念に舐めてあげた。

彼女は声を洩らさない様にしているのがやっとの様で、「いいわ~!そこよ、そこ・・・」などと言ってかなり興奮しているのが経験の少ない僕にもはっきりと解かった。

おまんこからは、ヌルッとした液がたくさん溢れ、僕の口の回りがその液でいっぱいになり、顔がかなり濡れてきているのが、解かった。

彼女ももうかなり我慢できなくなったのか、僕を引き上げる様にすると再び、激しいキス(でも吸わない・・・)を繰り返し、僕を挿入へと導いた。

彼女が腰を動かして、位置を決めていたので、スムーズな挿入ができ、彼女は小声で「ゆっくり動いてね!」と言ってきた。

僕は言われる様に腰をゆっくりと動かして、ピストン運動をすると、亀頭と膣の壁に当たった時のコリコリとした感じが、とても気持ちよく、「ずっとこうして居たい・・・」と思っていた。
彼女もこれには感じてきた様で、僕の背中に手を回して、しっかりと抱きついてきて、「いいわ~!上手よ!」などと、呟いていた。

さすがに3度目だけあって、僕はまだ少しはガマンできそうな感じがしていたので、彼女も乳房を揉んだり、乳首を吸ったりして、彼女を喜ばす事だけに集中していた。

そのせいか、彼女はかなり高まってきた様で、僕を更にキツク抱き寄せると、自分から腰を使って、僕の恥骨の辺りに自分の恥骨を擦りつける様にしてきたのだ。

陰毛と陰毛が擦れる感じが僕にも伝わって、更に彼女の膣が締まってきた感じも加わって、僕は一気に爆発寸前になってきた。

それを告げると彼女も絶頂が近づいてきた様で、「出していいわよ!思いっきりだして~」と震える様な声で言ってきた。

僕はすぐにピストン運動を早めると、一気に絶頂感が襲ってきて、彼女の膣深くに差し込む様にして、腰を押し付けると、残った精液を全部出し尽くす様にして、彼女を強く抱いた。

同時に彼女もイッた様で、お互いに腰を押し付け合い、暫くは動けない状態で固まっていた。
さすがに3度目だけあって、射精するとき、ペニスの付け根辺りに少し痛みが走った。

しばらく、彼女の上になったままじっとしていると、僕の萎えたペニスにピクッという様な膣の締まりが伝わってきました。

僕が思わず「今の何?」って聞くと、「何が・・・?」と言うので、「今、ピクッって引きつった様な感じがした・・・」って言うと、彼女は少し笑って、「いいセックスした後は、時々こうなるの」と言った。

(これって女性には解るのかな?)

その後、僕が彼女の体から離れると、彼女は服を着直しながら、「楽しかったわ。ありがとう~」と言って、自分のバンガローの方に戻って行ったので僕も海岸で、ペニスを洗って、テントに戻った。

その後はぐっすり眠れてたのは言うまでもないが朝起きると、トイレに行った信也はトイレでオナニーをして、裕弥は僕達が出ていった後、すぐに持って来たエロ本で抜いた様だ。
どうりで、帰ったら、寝ていた筈・・・。

僕も聞かれたので、「海岸の岩場の隅で出したよ!」と言っておいいた。

違う意味で・・・。

朝食の準備をしている時、彼女の姿が見えたので、僕は何度も彼女の方を見たのですが、彼女は何事もなかったかの様に、一回もこちらを見ずに、朝食後、旅立った。
一夜限りの最高のセックスだった。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする